加山雄三は若大将の通称でお馴染みの俳優・シンガソングライター。日本の音楽界においてはシンガーソングライターの先駆け的な存在、映画界では東方映画のスターとして有名な大御所タレントだ。父は俳優の上原謙、母は女優の小桜葉子。その未来が約束されたかのように1960年に東宝に入社し、「男対男」で映画デビューを果たす。翌1961年には「夜の太陽」で歌手デビューを果たし、日本を席巻するニューミュージックやフォークソングに先駆けてシンガーソングライターとして名を馳せた。その後、1965年に映画「エレキの若大将」の主題歌「君といつまでも」は350万枚を超える大ヒットとなった。2016年には芸能生活55周年を迎え、その記念として「加山雄三 55周年記念 “ゴー!ゴー!若大将FESTIVAL”」が開催される。加山雄三をはじめ、THE King ALL STARS、斉藤和義ももいろクローバーZさだまさし水谷豊といった世代を超えたアーティストが出演する。

加山雄三の日程

162人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

加山雄三のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 06:00更新)

加山雄三について

加山雄三のコンサートの魅力とは

加山雄三は歌手活動からテレビへ活動の主軸を移し、数々のテレビドラマ、バラエティ、CMなどに出演している。「NHK紅白歌合戦」にも3回の司会をはじめとして多数出場。最近では「若大将のゆうゆう散歩」でお茶の間を楽しませている。2014年、そんな彼が8月に武道館ライブを決行し大成功を納めた。さらには「加山雄三ファイナルコンサートツアー”若大将EXPO~夢に向かっていま~”」を開催、47都道府県、全52公演、名前の通り最後の全国ツアーを開催する。2014年9月27日の神奈川県・茅ヶ崎市民文化会館を皮切りに来年の夏まで、全国を駆け巡る。77歳を迎えた彼の今を知るにはチケットを購入するしかない。最後になるツアーチケットはプレミアム化必至だ。

加山雄三が好きな方はこんなチケットもおすすめ