川崎ハロウィンは、川崎の街の元気と魅力を全国に発信するために、1997年から毎年開催されているイベント、地元川崎市のエンターテインメント企業チッタが企画制作している。ハロウィンとは、ケルト人の伝統に起源を持つ祝祭で、もともとは秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの行事だった。日本ではあまり馴染みがなかったが、1990年代後半から東京ディズニーランドのイベントをはじめとして、全国各地でハロウィンイベントが開催されるようになり、現在ではハロウィン装飾や仮想・コスプレなど日本的にアレンジされたイベントとして若者を中心に高い人気を誇る。なかでも一番の盛り上がりを見せるのがハロウィンパレードだ。JR川崎駅前で行われる川崎ハロウィンパレードは参加者約3000人、観客数約12万人に及ぶ日本最大規模のパレード。キッズから大人まで参加者が主役になって楽しめる川崎ハロウィンに参加してみよう。

川崎ハロウィンの日程

5人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

川崎ハロウィンについて

主役になって参加するのが楽しい、川崎ハロウィンの魅力とは

そもそもハロウィンとはケルト人の万聖節を発祥とし、秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だった。今日では欧米を中心に宗教色の薄まった習俗行事・お祭りイベントとして定着し、かぼちゃの提灯を飾る「ジャック・オー・ランタン」、子供達が仮装をして各家庭を回る「トリック・オア・トリート」、「仮装パレード」などが行われる。
宗教的・文化的な違いから、日本では1900年代後半までほとんど受け入れられなかったが、1983年にキディランド原宿店が販促イベントとしてハロウィンパレードを開催したのが先駆けとなり、その後東京ディズニーランドで開催されたハロウィンイベントで認知度が上がっていった。
仮装を取り入れるようになってから、日本でもハロウィンが爆発的な人気を集めるようになり、特にJR川崎駅前の川崎ハロウィン・パレードはキッズから大人まで約3000人の参加者と約12万人の観客で盛り上がる日本最大規模のパレードだ。
川崎ハロウィンでは期間中、さまざまなイベントが行われる。メインの「ハロウィンパレード」をはじめ「ハロウィン・アワード(仮装コンテスト)」、パレード後のクラブパーティー「DANCING PUMPKIN」など盛り沢山だ。さあ、みんなも好きな仮装に身を包み川崎ハロウィンに出かけよう。

川崎ハロウィンが好きな方はこんなチケットもおすすめ