川田まみは、「まみブラート」と呼ばれる独特の繊細なビブラートやハイトーンで伸びやかな声の響きを生かし、透き通るように伸びやかで力強い歌声で幅広い楽曲を歌いこなす、実力派ボーカリストとして注目を集めている。学生の頃から歌手を志し、2001年に、島みやえい子の推薦によりI'veのオーディションに参加し合格した。TVアニメ「ハヤテのごとく!」でエンディングテーマ となる「Get my way!」は、ストレートなパンクナンバー。これまでにない迫力がありパワフルなヴォーカルをたっぷり聞かせてくれる。そして「リスアニ!LIVE 2016」で年内での歌手活動引退を発表。ファンならば見逃せないファイナルライブ「川田まみ MAMI KAWADA FINAL F∀N FESTIVAL F」のチケットはなんとしてでもゲットしておきたいところだ。

川田まみの日程

246人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

川田まみの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

川田まみのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

川田まみ について

川田まみ の魅力とは

2005年2月に発表された1stデビュー・シングル「radiance」でシーンに登場してから、既に充分すぎるほどの異彩と存在感を放ちまくっていた「川田まみ」。大ヒットを記録した2ndシングル「緋色の空」で聴かせた圧倒的なヴォーカル・スキルで、同性異性を問わず熱烈な支持と知名度を獲得した。 繊細なビブラートを伸びやかに響かせたその刹那、一転してパワフルな絶唱を聴かせる川田まみのヴォーカルスタイルは、「極北の情熱」とでも呼びたくなるような、全く新しい声の魅力を湛えている。それは、「種」と呼ぶにはあまりにも末恐ろしい1stフルアルバム『SEED』や、ライヴDVD「MAMI KAWADA FIRST LIVE TOUR 2006 "SEED"LIVE&LIFE vol.1」でも存分に披露されている。そして3rdシングル「赤い涙/Beehive」では、早くもネクストレベルの到達を高らかに宣言し、続く4thシングル「Get my way」では今までにはない爽やかな一面を披露し、オリコンウィークリーチャート9位を記録した5thシングル「JOINT」にて、彼女のポテンシャルが完全に振り切る爆発力を見せ付けた。急速的な「進化」と「変化」を遂げる彼女から、1秒たりとも目が離せない。

川田まみが好きな方はこんなチケットもおすすめ