葛飾納涼花火大会は江戸川河川敷でおこなわれる花火大会である。2016年には通算50回目の開催となる伝統ある大会だ。2015年は63万人もの観客が訪れた。葛飾納涼花火大会の特徴に打ち上げ場所から観客席の距離がとても近いことが挙げられる。花火の大きな爆発音は味わったことのないような臨場感を楽しむことができ、大人も子どもも気分が高揚してしまうはず。ただえさえ花火が近い葛飾納涼花火大会の有料席は特等席。2人マス席や4人マス席、グループマス席などさまざまなシチュエーションに合わせて座席が選択できるのも嬉しいポイントである。こち亀で知られる葛飾区。この夏は古きよき下町の花火大会を体感してみてはいかがだろうか。

葛飾納涼花火大会の日程

62人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

葛飾納涼花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

葛飾納涼花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

葛飾納涼花火大会について

葛飾納涼花火大会の魅力とは

葛飾納涼花火大会は江戸川河川敷、葛飾区柴又野球場で開催される花火大会。2016年には開催50回目を迎え、下町に愛され続けている夏の風物詩である。
打上げ予定発数は約15,000発。記念すべき50回目ということで、例年よりも10分間の延長があり70分間のステージが予定されている。

打ち上げ場所から観覧席が大変近いことでも有名な葛飾納涼花火大会。
和太鼓のように迫力に満ちた打ち上げ音は圧巻で、満開の花火を見上げる経験は都内では他に類を見ない。

漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」や映画「男はつらいよ」の舞台となった下町「葛飾区柴又」。葛飾柴又寅さん記念館やゆかりの地、古きよき下町の街並みをぶらりと散歩しながら
会場に向かえばより一層気分が盛り上がるはずだ。

開始時刻まで待つことが面倒に感じたり、小さな子連れで同じ場所にずっと居ることが難しいという方におすすめしたいのが有料席である。
マス席は2人〜グループまで選ぶことが可能で、幾多のシチュエーションに応じることが出来る。
恋人とゆったりデートや気の合う仲間とワイワイするにも持って来いである。
大迫力の葛飾花火をぜひその目に焼き付けてみてはいかがだろうか。

葛飾納涼花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ