勝 杏里はナレーターなどの活動もみられる男性声優だ。東京都大田区出身。元は元氣プロダクション所属であったが、2006年からは賢プロダクションに所属している。一時は森 訓久、宮下栄治、増川洋一、泰 勇気、梯 篤司らとの声優ユニット「Revolver」を結成していた。代表作に「宇宙兄弟」(紫 三世)、「進撃の巨人」(ナイル・ドーク)、「銀河機功隊 マジェスティックプリンス」(ランディ・マクスウエル)、「ダンボール戦機」(仙道ダイキ)、「ジャングルジョージ ザシリーズ」(ジョージ/主役)などのアニメがあり、映画などの吹き替えは「剣士ペク・ドンス」(ペク・ドンス/チ・チャンウク)、「ピンチ・シッター」(ノア/ジョナ・ヒル)、新ビバリーヒルズ青春白書(ナヴィド/マイケル・スティーガー)などがある。

勝杏里の日程

6人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

勝杏里の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

勝杏里のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/19 06:00更新)

勝杏里について

勝杏里の魅力とは

個性的な男性が似合う声の持ち主の勝 杏里は、多くの趣味を持ち合わせている。ギター、ベース、ドラムの演奏や、歌を歌い、作曲なども行っている。さらに釣り好きでもある。このような趣味は様々な作品を通して聞こえてくる彼の声とイメージがピッタリと合っている。快活である彼の声は悩みを抱えている人の心さえ、明るく照らしてくれる。またおかしな表現やハチャメチャことでもこの声ならば許してしまえる、そんな雰囲気を醸し出している。さらに頼れるアニキといったような男気溢れる声にも聞こえるだろう。

彼が演じる役は、くせ者であったり、かなりポジティブあったり、また不思議な人であったりする。そのあたりも彼の人柄をそのまま表しているようである。物語においてはこのようなキャラが存在するだけで話しの幅や明るさが大きく変化する。また信じられない変調きたし、あらぬ方向へと話が展開されて見る人を楽しませるだろう。そういったキャラが似合う彼の存在は多くの物語のキーマン役として重宝されている。あなたのハートが挫けたり、やる気が持てず這い上がることが出来ないときに彼の出演する映画やアニメなどをみれば、きっと底抜けの明るさと勇気を届けてくれるだろう。

勝杏里が好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す