加藤登紀子は、旧満州ハルビン生まれで京都育ちのシンガーソングライターである。おときさんの愛称で親しまれており、1965年に歌手デビューを果たすと、翌1966年には「赤い風船」でレコード大賞新人賞を受賞している。1992年に公開された宮崎駿監督スタジオジブリ作品「紅の豚」に声優として出演し、マダム・ジーナ役を演じている。また同作の主題歌「さくらんぼの実る頃」とエンディング・テーマ「時には昔の話を」の歌も担当し、老若男女から知られている。これまでに80枚以上のアルバムをリリースし、なおかつ日本だけではなく海外公演も意欲的に挑戦し続けており、世代やジャンル、そして国境を超越した日本のアーティストの一人である。

加藤登紀子の日程

76人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

加藤登紀子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/28 00:00更新)

加藤登紀子について

加藤登紀子の魅力とは

加藤登紀子は、1965年の歌手デビュー以降、全世界で挑戦し続けるシンガーソングライターである。デビューの翌年である1966年には「赤い風船」でレコード大賞新人賞を受賞し、1969年には「ひとり寝の子守唄」で第11回日本レコード大賞歌唱賞受賞すると、1971年には「知床旅情」で2度目の第13回日本レコード大賞歌唱賞を受賞した。それ以降もヒット曲を量産しながらもコンサートツアーをこなしてきたが、1988年にはニューヨークのカーネギー・ホールで公演を行うなど、世界各地へ活躍の場を広げた。1992年にはスタジオジブリ作品「紅の豚」の声優にチャレンジし、同時に主題歌とエンディング・テーマを担当し、日本だけではなくアニメの舞台となるフランスでもその存在感を見せ、フランス政府からシュバリエ勲章を授けられている。

昨今では若手ミュージシャンとの交流も活発で、2006年には日本の野外ロックフェスの殿堂「FUJI ROCKFESTIVAL」に出演するなど、活動に衰えを知らない活躍ぶりを見せた。2017年に入ってもコンサートへの出演は減ることなく、次々とライブへ出向いている姿は圧巻である。また、次女のYaeも歌手であり、2人のセッションも見ものである。

加藤登紀子が好きな方はこんなチケットもおすすめ