ぎおん柏崎まつり」は1950年八坂神社の祇園祭と柏崎の商工祭が合体して誕生した。柏崎の祇園祭は無病息災を祈念することを目的とし、京都の八坂神社の流れをくむ由緒ある祭りで、疫病が流行ると奉納花火が打ち上げられた。ぎおん柏崎まつりの花火大会は、長岡と片貝に並ぶ越後三大花火のひとつとされている。これまで仕掛け花火やナイヤガラ花火に工夫を凝らし規模を拡大しており、海中空スターマインや幅600メートルのワイドスターマイン、特に尺玉ワイド100発の一斉打ちは圧巻!さらに3尺玉2発同時打ち上げ、怒涛の尺玉300連発など、柏崎でしか見られない百花繚乱の大迫力が味わえる。

ぎおん柏崎まつり 2017の日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ぎおん柏崎まつりについて

百花繚乱の大迫力、無病息災を祈念する「ぎおん柏崎まつり」

「ぎおん柏崎まつり」は柏崎の八坂神社の祇園祭と柏崎の商工祭が合体し1950年に誕生した。3日間日程で行われ、子供たちのマーチングループパレードで幕開けする。
勇壮な山車が繰り出す「たる仁和賀」や子供みこしで祭りは一層盛り上がる。曜日に関わらず毎年7月26日に開催される「海の大花火大会」は、川の長岡・山の片貝・海の柏崎と呼ばれる「越後三大花火」のひとつ。昔は疫病が流行ると花火と神輿を奉納していたというが、今では毎年恒例となった。

柏崎市中央海岸一帯を会場に、1万5000発が打ち上げられる日本海側屈指の一大イベントで、毎年約22万人が観覧している。
日本海に向けて斜めに弧を描いて打ち上げられる海中空スターマインや、幅600メートルのワイドスターマインは迫力満点!
さらに柏崎でしか見られない「ぎおん柏崎まつり」名物の尺玉ワイド100発の一斉打ち、大変珍しい3尺玉2発同時打ち、怒涛の尺玉300連発と豪華絢爛のオンパレードだ。
「ぎおん柏崎まつり2016」の最終日の夜空を彩る、海の大花火大会は一見の価値あり!
有料観覧席は、マス席、イス・テーブル席、階段席が用意されキャンセル待ちになる程の大人気となっている。

ぎおん柏崎まつり 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ