花芯」は瀬戸内寂聴が作家、瀬戸内晴美として発表した小説を原作とした映画である。1956年、新潮社が四大文学賞の1つとして設けた賞、新潮同人雑誌賞を受賞後に執筆したのが「花芯」である。当時の時代背景もあってか批評家からはポルノ小説だと批判に晒され、文中に多数使われた「子宮」を取り、「子宮作家」と揶揄され実質業界から干されることとなった問題作。しかしその女性の情愛、性愛の本質をついた内容は支持者も多く、2016年に映画化されることとなった。出演は村川絵梨、林 遣都、安藤政信ら。監督は安藤 尋が務めている。「花芯」は瀬戸内寂聴の放った問題作が原作、これまでのイメージを払拭して体当たりで大人の演技を見せる村川絵梨など見どころの多い作品である。

花芯の日程

5人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

花芯の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

花芯のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 12:00更新)

映画「花芯」について

映画「花芯」とは

瀬戸内寂聴が作家、瀬戸内晴美として発表した小説「花芯」が映画化が決定。
1956年、新潮社が四大文学賞の1つとして設けた賞、新潮同人雑誌賞を受賞後に執筆したのが「花芯」である。当時の時代背景もあってか批評家からはポルノ小説だと批判に晒され、文中に多数使われた「子宮」を取り、「子宮作家」と揶揄され実質業界から干されることとなった問題作。しかしその女性の情愛、性愛の本質をついた内容は支持者も多く、2016年に映画化されることとなった。

出演は2005年にNHK連続テレビ小説「風のハルカ」の主演に抜擢され話題となった村川絵梨、第153回芥川賞を受賞した又吉直樹「火花」にも主演する林 遣都、1996年、北野武監督「キッズ・リターン」で映画に鮮烈デビューし、同年の日本アカデミー賞、報知映画賞、毎日映画コンクール、キネマ旬報賞ほか新人賞を総ナメにしたことで知られる安藤政信、武蔵野美術大学の非常勤講師も務める毬谷友子など。
監督は2003年に魚喃キリコ原作の「blue」でデビューし、「いつかあの日となる今日」や「海を感じる時」など様々な映画やテレビドラマを手掛ける安藤 尋。

瀬戸内寂聴の放った問題作が原作、これまでのイメージを払拭して体当たりで大人の演技を見せる村川絵梨など注目の作品となっている。

花芯が好きな方はこんなチケットもおすすめ