樫本大進とはイギリス・ロンドン出身、幼少期からヴィイオリンに触れ高い才能を発揮するヴァイオリニスト。3歳という幼さでヴァイオリンを手に取り、その後いくつもの音楽学校へと進みその実力を上げていく。10代にして既に高い実力を保持していた彼は、11歳にしてジュニアコンクールにて1位を獲得。以降も数々のコンクール上位入賞に賞の獲得と、プロとして活動する以前から類まれなる力を見せつけていた。2005年の音楽院卒業を機にプロへと転向、家族の地元である日本とも契約を結び改めて世界的な活動を開始する。過去にはヴァイオリニストの実力の証でもあるストラディヴァリウスを貸与され、アーティストとして世界トップクラスの実力を示す。

樫本大進の日程

75人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

樫本大進のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(1/15 18:00更新)

樫本大進について

樫本大進の魅力とは

樫本大進とは若くしてヴァイオリンの実力を発揮、世界中のコンクールで大きな成績を残しながらプロとなってからはドイツを拠点に活動するヴァイオリニストである。1995年にアリオン音楽賞、1998年には新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞、ドイツにてシュタインゲンベルガー賞、ダヴィドフ賞と世界中で賞を獲得しその名を知らしめる世界中が注目するヴァイオリニストである。11歳のバッハ・ジュニア音楽コンクールの1位獲得を機に、リピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクール、ケルン国際ヴァイオリン・コンクール、1996年のロン=ティボー国際コンクールにおいては歴代最年少での優勝を記録する異例の実力を誇る人物である。2度に渡るストラディヴァリウスの貸与を経て、プロとなってからは1674年製のアンドレア・グァルネリを使用。腕前が最高クラスならば使用する楽器もまた最高クラス。それを持って世界での活躍はもちろん日本でも活動を展開しており、中でも自身と縁のある兵庫県赤穂市での活動を積極的に行っている。2010年にはベルリン・フィルにて第1コンサートマスターへと就任。日本が誇る世界的ヴァイオリニストとして存在しており、世界でその活躍を披露している。

樫本大進が好きな方はこんなチケットもおすすめ