鴉(カラス)は2001年に近野淳一を中心に結成されたスターダストプロモーションに所属するロックバンドである。メンバーは一関 卓(Ba.)、近野淳一(Vo.Gt.)、千葉周太(Dr.)。ロック、エモを基調としながら、地元秋田では圧倒的な人気を誇るスリーピースバンドだ。鴉の由来は元々暗いイメージのあるバンドに合い、誰でも覚えやすいということで付けられたという。2008年から関東でのライブ活動を開始すると、2009年には初の全国流通音源となるインディーズミニアルバム「影なる道背に光あればこそ」をリリース。同年にファーストシングル「夢」をメジャーからリリースした。この曲はドラマ「怨み屋本舗REBOOT」の主題歌にタイアップされ話題となった。の今後の活動に期待したい。

鴉(カラス)の日程

11人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

鴉の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

鴉のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

鴉(カラス)について

激情系ロックバンド「鴉」の魅力とは

鴉(カラス)はロック、エモを基調としながら、歌詞を力強く歌い上げるそのスタイルから激情系ロックバンドとも言われ、地元秋田では圧倒的な人気を誇っている。2008年から関東でのライブ活動を開始すると、2009年には初の全国流通音源となるインディーズミニアルバム「影なる道背に光あればこそ」をリリース。同年にファーストシングル「夢」をメジャーからリリースした。この曲はドラマ「怨み屋本舗 REBOOT」の主題歌にタイアップされ話題となった。

鴉(カラス)はテレビ番組とのタイアップ楽曲を多く持つバンドとしても知られており、「風のメロディ」はTBS「エンプラ」のオープニングテーマに、「黒髪ストレンジャー」はテレビ朝日「ハリコレF」のテーマソング、そして「巣立ち」はTBS系「闇金ウシジマくん」主題歌にとその楽曲の質の高さを物語っている。そして2010年にはこれらタイアップ曲を多く含む初のフルアルバム「未知標」を発表。2015年までにメジャーでのシングル7枚(会場限定含む)、アルバム3枚をリリースしている。

ボーカルの近野淳一は鴉としてのライブはもちろん、ソロとしても活動し、「激唱ワルツ~決意表明弾き語りナイト~」や近野淳一(鴉)×小田和奏「境界線上のアリア~東北巡業編~」などにも参加している。

鴉(カラス)が好きな方はこんなチケットもおすすめ