関西二期会とはオペラなどを中心に活動する声楽団体。発足は1964年、当時関西に住む声楽家により立ち上げられ活動を開始する。国内のオペラを始めとする声楽の普及などを大きな目的として関西のみならず多くの地域で公演を行う。多彩な活動は次第にファンを増やし、確かな実力により数々の賞を受賞。2011年には内閣府から公益認定を受けている。中心となるオペラの公演は誰もが知る人気作品を始めとし毎年多くの作品を披露している。「椿姫」、「フィデリオ」、「魔笛」など誰もが楽しむことができる作品を取り扱いオペラの発展の貢献としている。子供たちへのオペラの魅力発信にも力を注いでおり、1つの芸術文化を絶やすことなく次の世代へと繋げる活動においては非常に高い功績を残している。

関西二期会の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

関西二期会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

関西二期会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 00:00更新)

関西二期会について

関西二期会の魅力とは

関西二期会とは関西を中心に芸術文化の発展を目的に活動する声楽団体である。主な活動をオペラとし、関西京阪神を中心に広く全国で公演を実施している。芸術文化の発展や存続に対する活動として、定期的なオペラの公演や地方への体験事業、新たな人材の育成など多岐に渡る活動で高い評価を得ている。1964年に発足、2008年には満を持しての初の東京公演を成功させる。2013年にはその年公演された「魔笛」が高い評価を得て翌年に佐川吉男音楽賞を受賞、その年は本団体の50周年記念であった。その他にも多くの賞を受賞しており、大阪府知事表彰、三菱信託音楽賞など本団体による多大な功績は数知れない。発足当初は現在のようなストレートな芸術文化活動ではなく研究機関としての考えが強かった。その後オペラを中心とした活動を開始し高い能力を発揮、声楽集団としても芸術文化の発展を願う団体としても現在の日本にとって非常に重要な団体となる。2005年には「タンホイザー」による自身初の海外公演を成功させ、活躍の幅を広げることにも成功する。会員は総勢500名を越える国内でも非常に大きな楽団となり、その会員になるには厳しい資格が必要になるなど楽団の力を感じさせる。その高い壁を乗り越えた時こそ活躍を見せる瞬間であり、オペラの発展に役立つ瞬間である。

関西二期会が好きな方はこんなチケットもおすすめ