カノン」は「リトル・マエストラ」や「神話の国の子供たち」などで知られる雑賀俊朗監督の映画である。死んだはずの母が生存している事実を知った金沢の老舗料亭で育った3人姉妹。アルコール性認知症を患っていたその母は娘たちのことが分からない状態となっていた。そんな母を通して、3人の姉妹は自分自身へ向き合っていく。出演は比嘉愛未、ミムラ、佐々木 希、そしてアルコール性認知症の母を体当たりで演技する鈴木保奈美にも注目だ。脚本を務めるのは「チェスト!」の脚本を担当した登坂恵里香。この「チェスト!」の監督であった雑賀俊朗監督とは今作で2度目のタッグとなっており、「カノン」においてトラウマやモラルハラスメントなどナイーブなテーマをどのように扱っていくのかも注目されている。

カノン 舞台挨拶の日程

24人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

カノンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

カノンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

映画「カノン」について

映画「カノン」とは

「リトル・マエストラ」や「神話の国の子供たち」などで知られる雑賀俊朗監督の映画「カノン」。
金沢の老舗料亭で育った3人姉妹とアルコール性認知症を患っていた母を通し、依存症がもたらす家族の断絶やトラウマ、モラルハラスメントなど現代に起きるシビアなテーマを鋭く描きだして行く。

この姉妹を演じるのは結婚を控える次女役に連続テレビ小説「どんど晴れ」でのヒロインとして知られ、ショートフィルム「それでもなおできることのすべてを君に」など数多くの映画、ドラマへ出演する比嘉愛未。夫のモラルハラスメントから必死に逃れようとする長女役には、フジテレビの月9「ビギナー」で公募ヒロインからデビューし、テレビドラマを中心に大人気となったミムラ。老舗料亭の新女将となった三女役には「星ガ丘ワンダーランド」や「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」など映画を始め、CMにも引っ張りだこの佐々木希。この他にもアルコール性認知症の母に鈴木保奈美、祖母役に多岐川裕美など豪華な顔ぶれとなっている。
脚本を務めるのは「チェスト!」の脚本を担当した登坂恵里香。

この「チェスト!」の監督を務めている雑賀俊朗監督とは今作で2度目のタッグとなっている。

カノン 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ