あわれ彼女は娼婦」はイギリスの劇作家ジョン・フォードが1620年ころに執筆した代表作。シェイクスピアやクリストファー・マーロウといったテューダー朝演劇の名作で、日本では1970年の文学座公演が初演となった。その後も、度々再演を重ねている作品だ。2016年、新国立劇場にて栗山民也演出のもと、「あわれ彼女は娼婦」が上演される。キャストには浦井健治、蒼井優、伊礼彼方、大鷹明良、春海四方、佐藤誓、西尾まり、浅野雅博、横田栄司ら錚々たる面々が決定している。「あわれ彼女は娼婦」はイタリアのパルマを舞台にした物語。お互いを愛してしまうあまりに、近親相姦という罪を犯してしまうジョヴァンニとアナベラ兄妹を中心に、さまざまな登場人物の欲望や思惑が描かれる愛憎劇。

あわれ彼女は娼婦の日程

148人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

あわれ彼女は娼婦の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

あわれ彼女は娼婦のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

あわれ彼女は娼婦について

イギリスの劇作家ジョン・フォードが1620年ころ執筆した「あわれ彼女は娼婦」。シェイクスピアやクリストファー・マーロウといったテューダー朝演劇の名作である。 イタリアのパルマを舞台とした「あわれ彼女は娼婦」は、才能があり将来を嘱望される兄・ジョヴァンニと、美しい妹アナベラの兄妹が中心となった物語。お互いを愛してしまった故に、近親相姦という罪を犯してしまう兄妹と、その2人を取り巻くさまざまな人間の欲望を壮絶に描いた愛憎劇だ。

「あわれ彼女は娼婦」の日本での初演は1970年の文学座公演。その後も度々再演されており、2006年の蜷川幸雄演出、三上博史・深津絵里出演版、2008年に演劇集団砂地が上演した田中壮太郎・名塚佳織出演版などが記憶に新しい。

2016年、「あわれ彼女は娼婦」は新国立劇場にて上演される。演出を務めるのは、「デスノート The Musical」の演出も絶賛された、栗山民也。キャストには、禁忌を犯す兄妹を演じる浦井健治、蒼井優の他、伊礼彼方、大鷹明良、春海四方、佐藤誓、西尾まり、浅野雅博、横田栄司ら錚々たる面々が決定している。人間の欲望を深く鮮烈に描いた「あわれ彼女は娼婦」。ぜひ1度は見ておきたい作品だ。

あわれ彼女は娼婦が好きな方はこんなチケットもおすすめ