菅野祐吾とはアニメから映画まで様々な音楽を制作、提供している音楽プロデューサー。大学在学中から積極的に楽曲制作に取り組み、当時から映画やCMなどの音楽制作に携わる。J-POPからフランス和声など多彩なジャンルに精通した音楽家で、これまで彼が手掛けてきた作品は多岐に渡る。2014年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、2008年の映画「容疑者Xの献身」など国内で話題となる作品に相次いで参加、独自の世界観を展開している。映像作品の楽曲制作はもちろんのこと、コンサート活動も積極的に行っており、2007年から毎年定期的に開催している。2015年には海外公演も開催するなどその名は世界的なものとなりつつあり、音楽1つで世界で活躍する国内トップクラスのクリエイターである。

菅野祐悟の日程

37人が登録中

現在登録されている公演はありません

あと7日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

菅野祐悟の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

菅野祐悟のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/19 00:00更新)

菅野祐悟について

菅野祐悟の魅力とは

菅野祐吾とは映像作品への楽曲制作、提供で注目を集める音楽プロデューサー。非常に多数の作品の制作に参加しており、映像作品とはいったもののアニメ、ドラマ、映画、ゲームやCMまで様々な場面で活躍している。音楽クリエイターとしての実力はトップレベルで、映像作品の他にもアーティストの楽曲を手掛けるなど作曲家として広く活動している。代表作にはテレビドラマから「ガリレオ」「MR.BRAIN」「新参者」、テレビアニメから「働きマン」「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」「亜人」、映画からは「アマルフィ 女神の報酬」「踊る大捜査線シリーズ」「昼顔」などがある。取り扱うジャンルも音楽のジャンルも幅広く、その都度多彩な音楽性を発揮、近年では交響曲をも手掛けるなど音楽家として多彩な可能性を秘めている。2015年にアメリカはシアトルにて公演を成功、当時のテーマは震災からの復興であり度重なる災害に悩まされる日本へと向けた活動でも支持を集める。テレビゲームの楽曲も手掛けており2017年に発売された「仁王」もその1つ。これによりさらに支持を集めることへとなり、1人の音楽家としての幅の広さを見せつけている。音楽プロデューサーとしての活躍は随一、常に新たな作品を作り続けている音楽家である。

菅野祐悟が好きな方はこんなチケットもおすすめ