金子雄太は日本を代表するオルガン奏者である。他にもピアノやローズなども手掛けている。神奈川県出身。1991年頃より鍵盤奏者として音楽活動を開始した。その後、Blues、Jazz、Soul、Funk系のバンドに在籍し、オルガン、ピアノ、キーボードでその実力を披露した。1996年アメリカにて1年間セッション巡りをし、帰国後オルガンをメインに本格的な活動を開始。ハモンドオルガンとレスリースピーカーを使用した演奏に軸足を置きつつ、アーティストサポートや作編曲などに力をいれた。金子雄太をリーダーとした「AQUAPIT」として「Live at ONYX」、「AQUAPIT」、「Orange」などのアルバムをリリースしている。

金子雄太の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

金子雄太について

金子雄太の魅力とは

様々なバンドに所属し音楽活動を行うだけでは飽き足らず、渡米してまで多くのアーティストとのセッションを重ねてきた金子雄太。その彼がオルガンに主軸を絞った音楽で非常に安心感を与えるサウンドを作り出している。これぞジャズという音楽を展開してくれる彼のオルガンが彼と共に演奏するアーティストを誘導し綺麗なまとまりを持ったサウンドになっている。穏やかな雰囲気なものや、激しい曲、格式高い音楽のいずれにしろ彼が演奏すれば何か心沸きたつものを与えてくれるはずだ。その完成された技術に自惚れること無く、日々多種多様なアーティストとのセッションを行い続けている。

長年に渡るバンド「AQUAPIT」としての活動も幅広く行っている。その時代ごと活躍しているメンバーは変わっているが、そのどれもにおいて彼を基準とした良質なグループサウンドを提供してくれている。また数々のアーティストとのコラボレート作品などバンドの枠に拘らない取り組みも活発に行っている。「AQUAPIT」を冠したグルービーなサウンドもまだまだ作成中である。若いアーティストを迎え、これまでの重厚なサウンドに加え新しい風を送り届けてくれるだろう。

こんな彼が主導する音楽を生で聴けば憂鬱な一日もハッピーエンドで終えることが出来るだろう。

金子雄太が好きな方はこんなチケットもおすすめ