「神奈川県吹奏楽コンクール」は、毎年夏に開催される吹奏楽連盟が主催する大会である。部門は小学校の部、中学校Aの部、中学校Bの部、高等学校Aの部、高等学校Bの部、大学・職場・一般の部の6部門に分かれている。神奈川県は、川崎支部・県央支部・県南支部・横浜支部・相模原市部・湘南支部・西湘支部の7つの地区大会を経て県大会の神奈川県吹奏楽コンクールに出場する事ができる。中学校・高等学校のA部門では課題曲と自由曲の演奏が義務付けられ12分以内の演奏時間と決められている。因みにBの部は自由曲のみで7分間である。コンクールの審査は金賞・銀賞・銅賞の3段階で評価され、得点の高い上位校・団体から東関東大会への出場への切符を得ることができるのだ。

神奈川県吹奏楽コンクールの日程

78人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

神奈川県吹奏楽コンクールの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

神奈川県吹奏楽コンクールのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/21 00:00更新)

「神奈川県吹奏楽コンクール」について

「神奈川県吹奏楽コンクール」の魅力とは

「神奈川県吹奏楽コンクール」は、毎年夏に開催される吹奏楽連盟が主催する大会である。部門は小学生、中学生(A部門・B部門)、高校生(A部門・B部門)、大学生、一般と複数に分かれている。各部門の紹介をしていこう。

A部門の持ち時間は12分で課題曲と自由曲を演奏。人数制限は中学生は50名以内、高校生は55名以内、大学・一般は80名以内となっている。県代表になると東日本学校吹奏楽大会までコマを進め最終的には全日本吹奏楽コンクールまで進むことが出来る部門である。B部門の持ち時間は7分で自由曲を演奏。人数制限は中学生・高校生は30名以内となっている。最終的には東日本学校吹奏楽大会まで進むことが出来る小規模な団体でも出場する事ができる部門である。

各部門共通の規定として下位大会で演奏した課題曲・自由曲を最終の大会まで演奏することが決められ、制限時間を過ぎた学校・団体は審査もされず失格となってしまう。地区大会から全国大会まで一般でも鑑賞は可能だが、近年テレビなどの影響を受け上位の大会になればなるほどチケットが取れない状態となっている。名古屋国際会議場で開催の全日本吹奏楽コンクールは毎年プレミアチケットとなっている。

神奈川県吹奏楽コンクールが好きな方はこんなチケットもおすすめ