嘉門達夫は、大阪府出身シンガーソングライターである。1975年、16歳で当時27歳の笑福亭鶴光へ弟子入りし、二番弟子として“笑福亭 笑光”(しょうふくてい しょうこ)の名を授かるが、1980年、笑福亭鶴光から破門を宣告され、芸能界から一時期離れるが、1982年10月、「寿限無NO.1」で歌手デビューする。1983年、「ヤンキーの兄ちゃんのうた」をリリース、シンガーソングライターデビューし、読売テレビ有線放送大賞とTBS有線大賞で新人賞を受賞する。数々のコミックソングや、「替え唄メドレー」の大ヒットで1992年、紅白歌合戦出場するなど、コミックソング・替え歌の第一人者などとして活躍を続ける。そんな彼が、2017年10月、「時代を斬る!ツアー 2017~2018 顔面蒼白歌合戦!!」を開催する。嘉門達夫の痛快なライブを注目したい。

嘉門達夫の日程

53人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

嘉門達夫のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 00:00更新)

嘉門達夫について

嘉門達夫の魅力とは

嘉門達夫は1975年活動しているシンガーソングライターである。名前は、サザンオールスターズの桑田佳祐ソロライブの前座をさせてもらったことがきっかけで桑田が命名した。1983年、「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー後、「ゆけ!ゆけ!川口浩」、「小市民」、「鼻から牛乳」、「替え唄メドレーシリーズ」などのコミックソングのヒット曲を次々に出し、“時代の観察者”、“言葉の魔術師”などの異名を取る。2008年5月、デビュー25周年記念を迎え、記念アルバム「帰ってイモ食うて屁こいて寝よ!」をリリース、同年11月、初のセルフカヴァーアルバム「TATSUO KAMON25th anniversary SELF COVER BEST!」をリリースした。また、2007年11月に発表した初の書き下ろし小説「た・か・く・ら」が2時間テレビドラマ放送され、シンガーソングライター以外でも多面的に活動。最近ではテレビの子供番組で自身の楽曲が流れ、子供たちの間で徐々に話題になっている。この流れで往年のヒット曲「鼻から牛乳」や「アホが見るブタのケツ」などがリバイバルヒットするなど、注目を集めている。ヒットした「鼻から牛乳」や「アホが見るブタのケツ」も1980年代の子供たちの間で話題になりヒットにつながった。この波に乗り、新たなヒット作が生まれるのを期待したい。さあ、親子で楽しめる嘉門達夫のライブを体感しに行こう!

嘉門達夫が好きな方はこんなチケットもおすすめ