かもめ」は、ロシアの劇作家アントン・チェーホフの戯曲で、湖畔の田舎屋敷を舞台に、芸術家やそれを取り巻く人々の群像劇を通して人生と芸術とを描いた作品である。「ワーニャ伯父さん」、「三人姉妹」、「桜の園」とともにチェーホフの四大戯曲とされている名作が待望の舞台化。演出は「おそるべき親たち」や「狂人なおもて往生をとぐ」などでも脚光を浴びた気鋭の若手演出家・熊林弘高で、ニーナ役の満島ひかり、トリゴーリン役の田中 圭、トレープレフ役の坂口健太郎、メドヴェジェンコ役の渡辺大知(黒猫チェルシー)らのキャスト陣が一同に集結する。誰もが恋してむくわれない、普通の人々のドラマを描く「かもめ」で演技派の豪華キャスト陣がどんな競演を魅せてくれるのか注目だ。

かもめ 舞台の日程

1,209人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

かもめのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

舞台 かもめについて

舞台 かもめの魅力とは

「かもめ」は、ロシアの劇作家アントン・チェーホフの戯曲で、「ワーニャ伯父さん」、「三人姉妹」、「桜の園」とともにチェーホフの四大戯曲と呼ばれるている。大女優アルカージナが所有する田舎の別荘を舞台に、劇作家志望の息子トレープレフ、その恋人で女優志望のニーナ、別荘管理人の娘でトレープレフに想いを寄せるマーシャ、マーシャを慕う教員のメドヴェジェンコ、アルカージナと共に別荘に来た若い恋人で作家のトリゴーリンらが織り成す人間模様が描かれている。誰もが恋してむくわれない、普通の人々のドラマを描くチェーホフの傑作「かもめ」に、「おそるべき親たち」や「狂人なおもて往生をとぐ」など、東京芸術劇場で上質な作品を送り出してきた若手演出家・熊林弘高が豪華演技派キャストと挑む。キャストには、ニーナ役の満島ひかり、トリゴーリン役の田中 圭、トレープレフ役の坂口健太郎、メドヴェジェンコ役の渡辺大知(黒猫チェルシー)をはじめ、あめくみちこ、山路和弘、渡辺 哲、小林勝也、中嶋朋子、佐藤オリエらが名を連ねており演技派俳優陣、人気若手男優陣からベテラン勢までが一同に集結する。豪華キャストの競演からは目が離せない。

かもめ 舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ