東京公演 (7/15 Zepp DiverCity(ダイバーシティ東京)) KAMIJOのチケットを取り扱い中です。 最近のKAMIJOのライブではVive le RoiやMasquerade、そしてDying-Tableがよく演奏されているようです。 さまざまな公演がおこなわれるため、会場数も際立って多い東京。人気インディーズバンドのライブなら新宿LOFTや下北沢SHELTERが有名です。収容数が一番多いライブハウスであるZepp Tokyo、それに続くキャパの赤坂BLITZも多くの公演がおこなわれています。音質が良い渋谷CLUB QUATTROでは来日アーティストの公演が多くおこなわれています。また、一流アーティストへの登竜門といわれる日本武道館をはじめ、東京ドーム、国立代々木競技場 第一体育館など大きな会場も多数存在します。チケット到着まで代金は運営預かりだから安心!オークションや掲示板より簡単。

KAMIJOの日程

136人が登録中

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

東京公演 KAMIJOの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

KAMIJOのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/28 00:00更新)

KAMIJOについて

KAMIJOの魅力とは

KAMIJOはビジュアル系バンドやソロとして人気を博すミュージシャンだ。バンドLAREINEのヴォーカルとして精力的にライブを開催し活動。「究極の期待通り」と自身で語る徹底したスタイルの確立で人気で博したが2006年に無期限の活動休止を発表した。

音楽レーベルAPPLAUSE RECORDS、Sherow Artist Societyを設立すると、2007年に元SULFURIC ACID のHIZAKIと共にVersaillesを結成。2009年に「ASCENDEAD MASTER」でワーナーミュージックジャパンより再度のメジャーデビューを果たし、ヨーロッパレーベルとの契約を経て海外ライブも開催している。映画「VAMPIRE STORIES」のサウンドトラックを手掛けるなど活躍したVersaillesであったが2012年に活動を休止。その後KAMIJOはソロとしての活動をスタートしている。2013年にソロデビューシングル「Louis ~艶血のラヴィアンローズ~」をリリース。ワーナーミュージック・ジャパンへ移籍するとソロメジャー1stミニアルバム「Symphony of The Vampire」を発表した。

2017年にはニューシングル「カストラート」のリリースを記念してインストアイベントを開催。KAMIJOは20年以上に及ぶ活動キャリアを経てもなお、精力的に活動を続けている。

KAMIJOが好きな方はこんなチケットもおすすめ