KAMIJOは神奈川県出身のミュージシャンである。1994年にMALICE MIZERのローディーをやっていたMAYUと共にLAREINEを結成。1995年にライブ活動をスタートした。「TOUR "Freur" 1998 ~白鳥と追想~」、「TOUR "Freur" 1998 ~湖底に眠る永遠の花園~」などを経て、1999年に1stシングル「Fiancailles」でSME Recordsよりメジャーデビューを果たす。2000年にはアニメ「ベルサイユのばら」のカバーとして、4thシングル「薔薇は美しく散る」を発表。ジャケットは原作者の池田理代子が手掛け、KAMIJOのことを現代のオスカルと評している。

KAMIJOの日程

116人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

KAMIJOのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/1 00:00更新)

KAMIJOについて

KAMIJOの魅力とは

KAMIJOはビジュアル系バンドやソロとして人気を博すミュージシャンだ。バンドLAREINEのヴォーカルとして精力的にライブを開催し活動。「究極の期待通り」と自身で語る徹底したスタイルの確立で人気で博したが2006年に無期限の活動休止を発表した。

音楽レーベルAPPLAUSE RECORDS、Sherow Artist Societyを設立すると、2007年に元SULFURIC ACID のHIZAKIと共にVersaillesを結成。2009年に「ASCENDEAD MASTER」でワーナーミュージックジャパンより再度のメジャーデビューを果たし、ヨーロッパレーベルとの契約を経て海外ライブも開催している。映画「VAMPIRE STORIES」のサウンドトラックを手掛けるなど活躍したVersaillesであったが2012年に活動を休止。その後KAMIJOはソロとしての活動をスタートしている。2013年にソロデビューシングル「Louis ~艶血のラヴィアンローズ~」をリリース。ワーナーミュージック・ジャパンへ移籍するとソロメジャー1stミニアルバム「Symphony of The Vampire」を発表した。

2017年にはニューシングル「カストラート」のリリースを記念してインストアイベントを開催。KAMIJOは20年以上に及ぶ活動キャリアを経てもなお、精力的に活動を続けている。

KAMIJOが好きな方はこんなチケットもおすすめ