亀渕友香(VOJA)は北海道出身のゴスペル歌手である。実兄はニッポン放送の名物DJで元社長の亀渕昭信。小学生の頃からブルース、ジャズ、アフリカン音楽など黒人音楽を聴きながら成長したという亀渕友香。1968年に伝説のR&Bグループ「リッキー&960ポンド」のボーカリストとしてデビュー。ミュージカルや映画音楽、テレビやラジオへの出演など精力的に活動した。1993年、亀渕友香&VOJA(The Voices of Japan)を結成。1998年から2006年まで「VOJAコーラスアカデミー」の学長に就任。2007年にはゴスペルを中心としたコーラススクール「VOJA Voice Art College」を開校し学長を務めている。

亀渕友香(VOJA)の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

亀渕友香(VOJA)について

亀渕友香(VOJA)とは

1968年に伝説のR&Bグループ「リッキー&960ポンド」のボーカリストとしてデビューした亀渕友香。
1980年に結婚の為、渡米したが1987年に帰国後は音楽活動を再開。ミュージカルや映画音楽、テレビやラジオへの出演など精力的に活動した。
この頃からボイストレーナーとしての活動も始め数々のミュージシャンのトレーニングにあたっている。

1993年、亀渕友香&VOJA(The Voices of Japan)を結成。1998年から2006年まで「VOJAコーラスアカデミー」の学長に就任。
2007年には名称が変わり、ゴスペルを中心としたコーラススクール「VOJA Voice Art College」を開校し学長を務めている。

ライブやコンサート、バックコーラスや小中学校の芸術観賞会などの活動を続け、2004年にはJ-popグループ「DEEN」とのコラボや2008年には「第1回・野口英世アフリカ賞」の授賞式、記念晩餐会にて、天皇皇后両陛下や歴代総理大臣、アフリカ大統領や国王の前で演奏するなど幅広い分野で活動、活躍した。
これまでにトレーニングして来たアーティストは杏里、山下久美子、久保田利伸、大黒摩季、MISIA、SPEED、小沢健二、和田アキ子など数多く、音楽業界に多大な貢献をしている人物である。

亀渕友香(VOJA)が好きな方はこんなチケットもおすすめ