NHKスペシャル 映像の世紀コンサート取扱中!加古隆は、 1947年1月31日生まれの作曲家であり、ピアニストである。出身は大阪府豊中市であり、音楽とは全く縁の無い家庭で生まれているが、幼少期からクラシック、現代音楽、そしてピアノに触れるようになり、いつしか作曲家の道を志した。1965年に東京藝術大学音楽学部作曲科へ入学すると、現代音楽の作曲を目指し同大学院へ進学し、フランスへ留学している。そのフランス留学をきっかけに、1973年のパリで即興演奏のピアニストとしてデビューを果たす。帰国後は映像作品への作曲を数多く行い、これまでに60以上のアルバム作品を世に生み出し、全世界200都市以上でコンサートを行ってきた。1980年代からかぶり始めた帽子がトレードマークの「ピアノの詩人」と形容される。

NHKスペシャル 映像の世紀コンサート

45人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

加古隆の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

加古隆のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/25 06:00更新)

加古隆について

加古隆の魅力とは

加古隆は、 日本を代表する作曲家である。1947年1月31日生まれで、大阪府豊中市出身である。生まれた家庭は音楽家という訳ではなかったが、幼少期からクラシックや現代音楽、ジャズを聴き、ピアノに触れてきた事から音楽家の道を目指すようになった。東京藝術大学音楽学部作曲科へ入学し、次いで同大学院へ進学し卒業している。さらに作曲家の道を進む為、フランスへ渡りパリ国立高等音楽院でオリヴィエ・メシアンに師事し、最高位の作曲賞を得て音楽院を卒業した。

なお、1973年のフリージャズのピアニストとしてパリでデビューしており、自身のジャズトリオ「TOK(トーク)」を結成し、ヨーロッパ全土で演奏活動を行なっていた。帰国後は、映画音楽、ドキュメント映像などの映像作品への作曲を数多く行ってきた。代表的な仕事は、1995年に放送されたNHKスペシャル「映像の世紀」の音楽やフジテレビ開局45周年記念番組「白い巨塔」が挙げられる。2016年3月には、これまでの功績が称えられ「第68回日本放送協会放送文化賞」を受賞した。今尚、現役で精力的に音楽活動を続ける姿はまさに偉大であり、これからも素晴らしい音楽を生み出してくれることを期待したい。

加古隆が好きな方はこんなチケットもおすすめ