柿澤勇人はホリプロに所属する若手実力派俳優である。祖父は昭和から平成にかけて活躍した三味線奏者の清元榮三郎、曾祖父は高松宮家より志摩ノ大掾の掾号を授与された浄瑠璃の語り手 清元志寿太夫。重要無形文化財保持者、所謂人間国宝である非常に由緒正しい血筋を持っている。高校生の頃から劇団四季に憧れ、2007年に劇団四季の研究所に入所。「ライオンキング」のシンバ役や「ジーザス・クライスト=スーパースター」のアンサンブル役、「人間になりたがった猫」のライオネル役、「春のめざめ」では主役のメルヒオール役に抜擢され活躍した。劇団四季退団後もテレビや映画、そしてミュージカルと精力的に活動しており、柿澤勇人のさらなる活躍に注目が集まっている。

柿澤勇人の日程

79人が登録中

枚数

席種

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

柿澤勇人のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/23 00:00更新)

柿澤勇人について

柿澤勇人の魅力とは

祖父と曾祖父が共に人間国宝という筋金入りの芸能一家に生まれた柿澤勇人。高校生の頃に観た劇団四季の「ライオンキング」に感銘を受け、家族を説得し芸能の道へ。2007年に劇団四季の研究所に入所すると「ライオンキング」のシンバ役に抜擢される。2009年の「春のめざめ」では主役のメルヒオール役に選ばれ大活躍するが、その後退団。2011年に現在のホリプロへ所属した。

日本テレビの連続ドラマ「ピースボート -Piece Vote-」の風間善次郎役に抜擢され、これがテレビドラマ初出演となり、その後もNHK大河ドラマ「平 清盛」や「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」など話題作に出演。藤原竜也主演の映画「カイジ2 人生奪回ゲーム」では村上 保役を演じ、銀幕デビューを飾っている。

一方で「アリス・イン・ワンダーランド」や「メリリー・ウィー・ロール・アロング〜それでも僕たちは前に進む〜」を始め舞台にも積極的に出演。「デスノート The Musical」では主役の夜神月役を演じるなど劇団四季退団後も活躍を続けている。2017年には市村正親主演による舞台「紳士のための愛と殺人の手引き」に出演。ウエンツ瑛士とダブルキャストでの出演ということで話題となっている。

柿澤勇人が好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す