かき氷コレクションは2012年から不定期で各地で開催されるイベントだ。本当に美味しいかき氷を知ってもらいたい。四季を通して堪能できるスイーツである事を伝えたい。という趣旨のもと、各店の繋がりを深める内容となっている。なお、初回のイベントからチケットは10分足らずで売り切れるというプレミアチケットとなっているようだ。東京開催で人気を博し、2014年からは関西でも開催されるようになった。かき氷の歴史はかなり古く平安時代の書物「枕草子」、藤原定家「明月記」に記載されている。なお、この時代のかき氷は小刀で削るもので特権階級にしか口にできない高級品であった。一般化したのは昭和初期、その頃は砂糖を振りかけたり、砂糖水をかけたりとシンプルなかき氷が主なメニューだった。ぜひ本当に美味しいかき氷を食べに足を運んでみてはいかがだろうか。

かき氷コレクション(かきコレ)の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

かき氷コレクションの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

かき氷コレクションのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/29 00:00更新)

かき氷コレクションについて

かき氷コレクションの魅力とは

かき氷コレクションは東京や関西で行われる不定期のイベントである。参加する店舗は行列のできる全国の老舗や名店、注目を集めている店舗など、プラチナチケットになる理由もわかるだろう。

出店は2012秋・冬「しもきた茶苑大山(下北沢)」「慈げん(熊谷)」「ひみつ堂(谷中)」、2013春「ティーハウスマユール(宮崎台)」「浅草浪花家(浅草)」、2013純氷まつり「あずきや安堂(調布)」「なごかふぇ(神田)」、2014春は2部制「赤鰐(岐阜)」「おちゃのこ(奈良)」「たい焼きなみへい(鎌倉)」、関西初上陸の2014KANNSAI「日本茶カフェ 一日 ひとひ(神戸)」「FRUIT GARDEN 山口果物(大阪)」、2015春「クラフトカフェ(埼玉)」「セバスチャン(渋谷)」「茶の西田園(熊谷)」、2015KANNSAI「菓子茶房チェカ(京都)」「雪うさぎ(世田谷)」、2016春「あんどりゅ。(名古屋)」「霧原(葉山)」「果報(浜松)」、2016KANNSAI「二條若狭屋(京都)」「つぼ市製茶本舗(大阪)」「和・キッチン かんな(世田谷)」、2017春「沖縄かんな(沖縄)」「信水堂(山梨)」「たい焼きそら(吉祥寺)」である。

どの店舗も個性豊かなかき氷を揃え全国のかき氷を一度に味わえる。次回はどこのかき氷を味わう事が出来るのだろうか。夏の風物詩であるかき氷をぜひ堪能して欲しい。

かき氷コレクション(かきコレ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ