甲斐名都(kainatsu)は、2年間のインディーズ活動を経て、2006年にシングル「下北沢南口」でメジャーデビューした女性シンガーソングライターだ。路上ライブやインストアライブをしていた頃からのファンも多く、甲斐バンドのリーダー甲斐よしひろの娘としても知られる。2007年には1stアルバム「ナミダの成分」を発表し、等身大の女の子の素直な感情をストレートな歌声で表現し、共感を呼んでいる。2009年にはディズニー3Dアニメーション映画「ボルト」の日本語版エンディング曲になったシングル「同じ空を見上げてる」をリリース。ラジオパーソナリティーとしても活動し、静岡県のラジオ局で毎週レギュラー生番組を担当している。2012年にアーティスト名を「kainatsu」に変更し、ライブ活動を展開している。イノセントで真っすぐな甲斐名都(kainatsu)の歌をぜひ聴いてみてほしい。

甲斐名都(kainatsu)の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

甲斐名都(kainatsu)について

等身大の女の子の気持ちを歌う、甲斐名都(kainatsu)の魅力とは

甲斐名都(kainatsu)は、大学生の頃から下北沢を中心とした小田急線沿線でキーボードによる弾き語り路上ライブを行い、等身大の女の子の気持ちをストレートに歌い多くのオーディエンスの心を掴んできた。
2006年にシングル「下北沢南口」でメジャーデビューを果たし、インストアライブも満員となり注目を集めた。2007年には1stアルバム「ナミダの成分」をリリース、2009年にリリースしたシングル「同じ空を見上げてる」はディズニー映画「ボルト」の日本語版エンディング曲となった。2010年には2nd アルバム「カテドラル」をリリースし、収録曲のポップチューン「愛GIRL夢」が映画「クロネズミ」の主題歌に起用された。
2014年に発表した4ndアルバム「Little Melody」から、同曲が芳根京子主演の映画「物置のピアノ」の主題歌になり、ピアノに魅せられた少女と家族の葛藤の物語にマッチした印象的なメロディーと歌声が反響を呼んだ。
2016年11月には、10周年ワンマンライブ「きょうの私でうたう歌」が開催される。ミドルテンポの切ないメロディーの楽曲からポップなキラーチューンまで進化を遂げている甲斐名都(kainatsu)の煌めく世界を楽しんほしい。

甲斐名都(kainatsu)が好きな方はこんなチケットもおすすめ