舞台「怪獣の教え」とは、豊田利晃監督のオリジナル脚本によるエンターテイメント・ライブシネマである。演劇、音楽、映画が見事にマッチしたこの作品は大盛況の中幕を閉じ、伝説的な公演として話題となった。「怪獣の教え」の物語は小笠原諸島の青い海ではじまる。政府から追われる天作(窪塚洋介)は、従兄弟であり島育ちの大観(渋川清彦)に頼んで船を出してもらった。天作の真の目的は、祖父から教わった「怪獣」を蘇らせることである。彼らは海へ出る前日に、怪獣の教えの秘密を知る女性・クッキー(太田莉菜)に出会い…。2015年に大絶賛された窪塚洋介主演「怪獣の教え」が、ついに東京に上陸する。

怪獣の教えの日程

102人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

怪獣の教え の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

怪獣の教え のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 06:00更新)

舞台「怪獣の教え」について

舞台「怪獣の教え」の魅力とは

演劇+音楽+映画のコラボレーションで日本を騒がせた、舞台「怪獣の教え」が東京に上陸する。この作品は2015年11月に横浜赤レンガ倉庫で上演され、大きな反響を呼んだライブシネマ作品だ。監督を務めた豊田利晃は1998年「ポルノスター」で監督デビューし、映画「青い春」「空中庭園」「モンスターズクラブ」を手掛けたことで知られている。その豊田利晃が初めて演劇、生演奏、映画を融合させた「ライブシネマ形式」に挑戦したのが舞台「怪獣の教え」であった。本作品では総合芸術作品と言っても過言ではない、洗練されたエンターテイメントを存分に体感することができるだろう。

主演を飾る窪塚洋介は、ドラマ「金田一少年の事件簿」で1995年にデビューし、映画「GO」では第25回日本アカデミー新人賞、史上最年少での最優秀男優賞の受賞を果たした実力派俳優である。サーファーの大観を演じる渋谷清彦は、豊田利晃監督「ポルノスター」で銀幕デビューを飾った俳優だ。その後も彼は多くの映画に出演しており、その演技力は高く評価されている。そしてクッキーを演じる太田莉菜は、「脳男」「海月姫」「テラフォーマーズ」などに出演する女優で、アイランドホッパーの独特の雰囲気を見事に再現している。個性が光るキャスティングと、迫力のライブ音楽、そして美しい映像が織りなす舞台は必見である。

怪獣の教えが好きな方はこんなチケットもおすすめ