影山ヒロノブは、大阪府出身のアニソンアーティストで、アニソン界においてなくてはならない存在でもあり、「アニソン界のプリンス」とも呼ばれている。現在では、作詞、作曲、編集、プロデュースなど様々なことに関わっており、「アニソンアーティスト」として数々のプロジェクトにも参加している。2000年には、その後のアニソン界を牽引することとなるJAM Projectを結成し、影山の他、松本梨香、さかもとえいぞう、遠藤正明を第1期のメンバーとして迎え、活動を行っている。海外での人気も高く、現在までに訪問した国はアジア、北中南米、ヨーロッパなど10カ国以上にも上っている。アニソンブームの火付け役となった彼のこれからの活躍は、今後のアニソン界を左右すること間違いなし。

影山ヒロノブの日程

240人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

仙台市民会館(トークネットホール仙台)他4会場

なんばハッチ他1会場

福岡国際会議場

日本武道館

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

影山ヒロノブのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 18:00更新)

影山ヒロノブについて

影山ヒロノブの魅力とは

影山ヒロノブは、アニソン界を代表するアニソンアーティストであるが、元々は同級生であった現LOUDNESSメンバーの高崎晃らと16歳の時に、バンド「LAZY」を結成し活動を行っていた。LAZYとして3枚目のシングルがオリコン32位にランクインするなど、躍進をみせていたが1981年に解散し、それ後はソロでの活動を開始した。

1985年に日本コロムビアに移籍後、アニメ・特撮ソング、通称アニソンに出会い、「電撃戦隊チェンジマン」や「宇宙船サジタリウス」など名アニメの主題歌を担当した。当初、ライブではアニソンを歌わないなど、ソロ活動とアニソン歌手としての活動は別としていたが、堀江美都子や水木一郎らの助言から、本格的にアニソン歌手としての活動を開始した。その後も数々のアニメソングを歌い、一躍人気アーティストとなった。その中でも、フジテレビ系アニメ「ドラゴンボールZ」の主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は170万枚の大ヒット曲となり、テレビ朝日系アニメ「聖闘士星矢」の主題歌「聖闘士神話〜ソルジャードリーム〜」も担当し、日本のアニソン界を代表する地位を確立した。この地道な活動がアニソン界を現在の地位まで押し上げており、今もなお自らがメディアにも多く露出し、アニソン界を先頭に立って盛り上げている。

影山ヒロノブが好きな方はこんなチケットもおすすめ