影鰐(KAGEWANI)」は2015年からULTRA SUPER ANIME TIME枠で放送されたたテレビアニメである。奇獣 影鰐の力を持つ生物学者 番場宗介が主人公のモンスターパニックアニメ。奇獣に翻弄される人々とそれを利用しようとする人間を描いている。「影鰐(KAGEWANI)」は既存のアニメとは違い、約8分のショートアニメで、一般的なセルアニメのような動きではなく、動く紙芝居のような独特のタッチで描かれている。近年のCGを駆使した滑らかなアニメーションとは異なる、この独特の手法が「影鰐(KAGEWANI)」の世界観とマッチし人気となっている。アニメの放送は終わったものの現在も「影鰐(KAGEWANI)」の人気は健在だ。

影鰐(KAGEWANI)の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

影鰐(KAGEWANI)について

影鰐(KAGEWANI)の魅力とは

2015年からULTRA SUPER ANIME TIME枠で放送されたたテレビアニメ「影鰐(KAGEWANI)」。
既存のアニメとは違い、約8分のショートアニメで、一般的なセルアニメのような動きではなく、動く紙芝居のような独特のタッチで描かれている。近年のCGを駆使した実写さながらの作りのアニメとは違い、この手法が「影鰐(KAGEWANI)」の世界観と相まって人気となっている。
監督は「星新一ショートショート」や都市伝説を題材にした5分シリーズ「闇芝居」などで知られる高嶋友也。原作も高嶋となっており、この紙人形の映像にVFXを加える「劇メーション」を発展させた手法も彼ならではのものだ。
2016年8月には、TOHOシネマズ新宿にてイベント「贄の儀式」が開催。1期、2期をまとめ編集された劇場版の上映やゲストやスタッフ陣の対談などファンには嬉しいイベントとなった。そして11月には 八景島シーパラダイスにアトラクション「影鰐・喰人奇獣の館」がオープン。第1期の9話がモチーフとなったこのアトラクションはウォークスルー型の探索ホラーハウスとなっている。更に12月にはTOHOシネマズなんばにおいてイベント「贄の儀式」を再び開催。第2期の「影鰐-KAGEWANI-承」の放送も2016年6月に終了しているにも関わらず、その後も人気は衰えていない。

影鰐(KAGEWANI)が好きな方はこんなチケットもおすすめ