角松敏生は、シンガーソングライターであり、音楽プロデューサーとしても活動している。1960年8月12日生まれの東京都渋谷区出身である。1981年、当時20歳の時にシングル「YOKOHAMA Twilight Time」及び、アルバム「SEA BREEZE」でメジャーデビューを果たした。以降、毎年楽曲を発表していたが、1993年の日本武道館でのライブ公演をもって歌手活動を「凍結」するも、5年後の1998年5月に自身の活動を「解凍」することを宣言し、改めて活動を再開させている。また、音楽プロデューサーとしても有名であり、1997年にNHK「みんなのうた」用に作ったシングル「ILE AIYE〜WAになっておどろう〜」は、今や国民的唱歌として記憶されている。

角松敏生の日程

971人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

角松敏生のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/19 18:00更新)

角松敏生について

角松敏生とは

角松敏生は、1981年から活動を続けているシンガーソングライター兼音楽プロデューサーである。1981年にシングル「YOKOHAMA Twilight Time」及び、アルバム「SEA BREEZE」でメジャーデビューを果たし、幾多のヒット曲を生み出した。シンガーソングライターとしては、1993年1月に自身で歌手活動の「凍結」を行うも、5年後の1998年5月に自身の活動を「解凍」し、今尚日本の音楽シーンの最前線で活動を続けている。並行して、音楽プロデューサーとしての手腕も確かであり、杏里のシングル「CAT'S EYE」をヒットさせると、人気絶頂の中森明菜のアルバム「BITTER AND SWEET」に楽曲提供および編曲を行なっている。特に中山美穂への音楽プロデュースは、自身にとってかつてないほどの成功をもたらしたと言われている。また、1997年にNHK「みんなのうた」用に作ったシングル「ILE AIYE〜WAになっておどろう〜」が話題を集めると、V6にもカバーされ社会現象とまで言えるほどの反響を集めた。2016年6月には、デビュー35周年を迎え、ますます精力的に活動を続けており、さらなる活躍が期待されるアーティストである。

角松敏生が好きな方はこんなチケットもおすすめ