女子プロ野球は2010年からスタートした女子プロ野球リーグである。4000校で争われる甲子園がこれだけ一般的に知られる中、高校における女子硬式野球部の存在は僅か5校であった。そんな中でなんとか女子が野球に専念出来る環境を作り、普及させたいという思いから日本女子プロ野球機構が中心となり発足した。2016年現在で女子硬式野球部は24校まで増え、今後も日本のみならず世界において、「夢、実現!」をスローガンに女子プロ野球の普及に努めている。この世界を念頭に置いた活動は「Japan Women’s Baseball League」という名称にも反映され、女子プロ野球のロゴも親しみやすいものとなっている。

女子プロ野球の日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

女子プロ野球の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

女子プロ野球のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 18:00更新)

女子プロ野球について

女子プロ野球の魅力とは

2010年からスタートした女子プロ野球リーグ「女子プロ野球」。
全くと言っていい程に環境の整っていない女子野球の現状を受け、野球に専念出来る環境を作り普及させるという思いから日本女子プロ野球機構が中心となり発足。
2016年現在で女子硬式野球部は5校から24校にまで増え、今後も日本のみならず世界において、「夢、実現!」をスローガンに掲げ女子プロ野球の普及に励んでいる。この世界を念頭に置いた活動は「Japan Women’s Baseball League」という名称にも反映されている。また、ロゴも親しみやすいものを起用している。
球団は「京都フローラ」、「埼玉アストライア」、「兵庫ディオーネ」、「レイア」の4つで、2015年から地域密着の為、自治体をホームタウンに制定。「ノース・レイア」は宮城県仙台市を、「イースト・アストライア」は埼玉県さいたま市、「ウェスト・フローラ」は京都府京都市、「サウス・ディオーネ」は兵庫県淡路市となり現在の名称に変更している。元々わかさ生活がリーグの冠スポンサーであったが、運営母体を現在の一般社団法人日本女子プロ野球機構へ移行。チャレンジマッチやコラボマッチ、カップ戦の開催など趣向を凝らし、新しい女子プロ野球を追求している。

女子プロ野球が好きな方はこんなチケットもおすすめ