JAPAN WOMEN'S OPEN TENNISとは2009年新たに設けられたテニスジャパンオープンの部門であり、それまでに存在した女子テニスの歴史を引き継ぐ女子のテニス大会である。女子テニス協会のツアーが再編されることで新たに開幕した今大会。2009年から大阪会場で開催され、多額の賞金と多大な名誉をかけて熾烈な争いが繰り広げられている。2015年からは場所を東京へと移し名称もそれまでの「ジャパン女子オープン」から現在の名称へと変更する。2016年にはダブルスで日本人コンビが優勝を飾っており、日本のテニスの強さを見せつけている。コートは毎年決まってハードコート、賞金は25万USドル、2017年も東京の会場にて開催され日本はもとより世界トップレベルのテニス選手の雄姿を拝むことになる。

JAPAN WOMEN’S OPEN TENNISの日程

281人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

JAPAN WOMEN’S OPEN TENNISの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

JAPAN WOMEN’S OPEN TENNISのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 12:00更新)

JAPAN WOMEN’S OPEN TENNISについて

JAPAN WOMEN’S OPEN TENNISの魅力とは

JAPAN WOMEN'S OPEN TENNISとは2009年に設けられた女子テニスの新たな大会として世界トップレベルのアスリートが集う国際テニス大会。2009年から毎年開催され、2016年には日本人コンビとして初の優勝を飾る快挙を達成しているテニス大会。それまでも日本人選手が優勝する年はあったが、いずれも外国人選手とのコンビであり日本人が2人揃ってトップとなるのはその年が初めてとなる。2015年には日本人コンビが準優勝となっており、徐々に日本人の力が世界レベルとなりつつあるのを証明している。一方シングルでは2016年までは2010年にクルム伊達公子が準優勝へと上ったのみ、今後のスター選手の登場が期待されている。もともとは「ジャパンオープン女子の部」として存在していたが、2009年に本大会が新設される。とは言ったものの、元あった女子の部はそのままべつシリーズへと移行する形になり本大会の前哨戦として登場することになる。本大会はテレビでの放送も行われているが、生中継ではなく録画放送。そして全試合ではなく準決勝と決勝のみとなっている。大会としてもまだ日は浅いが、徐々に日本勢も活躍を見せており、加えて近年の日本テニスの盛り上がりから今後の展開が大きく期待されている。

JAPAN WOMEN’S OPEN TENNISが好きな方はこんなチケットもおすすめ