天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」は、日本のバレーボール大会の一つ。 「天皇杯・皇后杯」はバレー以外のスポーツ競技でも大会が開催されているが、大会の大筋の概要は同じで、日本国内でバレーボールを行う全ての選手が本大会にエントリーでき、誰でも平等な土俵で日本一を目指せる。 2015年の「平成27年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」は、都道府県ラウンドが4月~7月、ブロックラウンドが9月~10月、ファイナルラウンドが12月18日~20日、12月26日~27日の日程で開催され、激しい熱戦が繰り広げられている。 年々参加チームは増えており、今や全国の約1,000チーム超が参戦するビッグイベント。このファイナルラウンドのチケットは、試合同様、毎年入手困難になるほど争奪戦も盛り上がる。

天皇杯 皇后杯(バレー)の日程

342人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

天皇杯 皇后杯のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

天皇杯 皇后杯(バレー)について

「天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」は、「天皇杯・皇后杯」という権威が与えられたバレーボール大会である。 日本国内でバレーボールを行う中学生以上のすべての選手、チームがエントリー対象となっており、トーナメント形式で都道府県ラウンド、ブロックラウンド、ファイナルラウンドの3ラウンドを経て、日本一が決定するという日本最高峰の大会だ。 優勝すると、男子チームに天皇杯、女子チームに皇后杯が授与される他、優勝1,000万円、準優勝400万円という賞金の授与も行われる。 ファイナルラウンドは、ブロックラウンドの激戦を勝利した男女各16チームとV・プレミアチーム男女各8チーム、合計48チームのトーナメント戦となり、毎年大変な盛りあがりをみせる。

また近年は人気漫画「ハイキュー!!」の協力で告知ポスターやコラボグッズが製作されたり、カウントダウンイベントや国歌斉唱に豪華アーティストを招致するなど、大会全体そしてファイナルラウンドを盛大に盛り上げる様々な企画が用意されている。そのことも大会の人気を支える要因となっているようだ。 学生やクラブがトップリーグのチームに挑む下克上の戦い、さらに全日本メンバー同士の戦いなどたくさんの見所がある「天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」。壮絶なバトルを勝ち抜きその年の日本一に登り詰めるのはどのチームなのか、毎年大きな注目を集める大会となっている。

天皇杯 皇后杯(バレー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ