天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会は、2007年から開催されているバレーボールの大会である。各チームが目指す天皇杯および皇后杯の歴史は古く、1950年に全日本総合選手権大会(9人制)で下賜されたものであり、賜杯はこれまでにいくつもの大会を経て授与されてきたものとなっている。そして2007年に他の球技と同様のオープントーナメントとして新設され、日本バレーボール界の根幹を成す大会として運営が継続されている。本大会の主催を務めるのは公益財団法人日本バレーボール協会であり、後援にスポーツ庁、各都道府県教育委員会そしてNHKの名が連なっている。本大会への参加資格を有するのは、日本バレーボール協会に登録されたチームおよび選手で構成された中学生以上のチームとなっている。

天皇杯 皇后杯(バレー)の日程

530人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

天皇杯 皇后杯の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

天皇杯 皇后杯のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(1/19 06:00更新)

天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会について

天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会の魅力とは

天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会は、公益財団法人日本バレーボール協会主催のバレーボール大会である。
大会名称にもなっている天皇杯および皇后杯は、1950年の日本総合選手権大会(9人制)で下賜され、以来1962年からは全日本総合選手権大会(6人制)にて、1980年からは日本リーグにて、1994年からはVリーグにて、そして1996年からは天皇杯・皇后杯黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会にて授与されて来たものである。現在の大会は、サッカーやバスケットボールなど他の球技大会と同様にオープントーナメントとして2007年に新設されたものとなっている。本大会の流れは、各都道府県にてブロックラウンドに進出する代表チームを決定(都道府県ラウンド)し、日本全国を9つのブロックに分けて行うブロックラウンドが行われる。なお、ブロックラウンドでは、都道府県ラウンドの覇者以外にも、Vチャレンジリーグ、クラブや実業団、大学、そして高校などに区分けされたカテゴリー別ブロック大会優勝チーム、最後に予選免除チームが参加する。そしてブロックラウンドで勝ち残った男子16チームと女子14チーム、最後にVプレミアチームを加えて行うノックアウトトーナメントが行われる。

天皇杯 皇后杯(バレー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す