JUSTICE(ジャスティス)はフランスのエレクトロニック・ミュージック・デュオである。ギャスパール・オジェとグザヴィエ・ドゥ・ロズネからなるユニットで2007年に「†」(クロス)でデビューを飾った。このアルバムはグラミー賞の「ベスト・エレクトロニック/ダンス・アルバム」部門にノミネートされ、一躍話題となった。同年にリリースしたシングル「D.A.N.C.E.」はマイケル・ジャクソンへのトリビュート曲ということで話題に。サンプリングされたストリングスと少年達の歌声、そしてTシャツの柄が変わっていくミュージックビデオとJUSTICEらしさが詰まった曲でヒットとなった。日本でも人気の高いJUSTICE(ジャスティス)は来日公演も実施するので要チェックだ。

JUSTICE(ジャスティス)の日程

48人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

JUSTICEのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/25 12:00更新)

JUSTICE(ジャスティス)について

JUSTICE(ジャスティス)の魅力とは

フランスのエレクトロニック・ミュージック・デュオ JUSTICE(ジャスティス)。2007年のデビューにして、グラミー賞の「ベスト・エレクトロニック/ダンス・アルバム」部門にノミネートされたアルバム「†」(クロス)。更にマイケル・ジャクソンのトリビュートとしてリリースされたシングル「D.A.N.C.E.」など何かと話題の絶えない彼ら。
2008年には、シングル「DVNO」がDoCoMoのコマーシャルに起用。ダフト・パンクの元マネージャーとして知られるペドロ・ウインターが、余りのエネルギーの強さに初対面から1週間で契約を決めたと言われており、今ではエド・バンガー・レコーズの中で最も成功し、名の知れたグループに成長した。
日本でも知られるようになったJUSTICE(ジャスティス)は、2007年に来日し「フジ・ロック・フェスティバル」に出演。翌2008年には「サマーソニック」に参加し好評を博している。更に2012年には待望の単独公演を開催し、2016年も再び来日。5年ぶりのニューアルバム「WOMAN」を携えて、「Special Free Party Price」という入場無料のライブを敢行する。

JUSTICE(ジャスティス)が好きな方はこんなチケットもおすすめ