ユリアフィッシャー(Julia Fischer)は、1995年のユーディ・メニューイン国際コンクール、1996年の第8回ユーロヴィジョン若手演奏家コンクールなど参加した8つの国際音楽コンクールのすべてで優勝。2006年7月にはドイツ史上最年少記録となる23歳でフランクフルト音楽・舞台芸術大学の教授に就任した。2004年にオランダのPentaTone(ペンタ・トーン)レーベルから「ロシア・ヴァイオリン協奏曲集」をリリースしてCDデビュー。ユリアフィッシャーはピアニストとしても活動しており、2008年1月にはフランクフルトのアルテオーパーにて、一晩の演奏会でサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番とグリーグのピアノ協奏曲のソリストを務めるという離れ業を披露した。2016年10月に再来日公演が東京オペラシティで決定している。

ユリアフィッシャーの日程

16人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ユリアフィッシャーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ユリアフィッシャーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/22 18:00更新)

ユリアフィッシャー(Julia Fischer)について

ユリアフィッシャー(Julia Fischer)の魅力とは

ユリアフィッシャー(Julia Fischer)はドイツのヴァイオリニストであり、ピアニスト。

1995年のユーディ・メニューイン国際コンクール、1996年の第8回ユーロヴィジョン若手演奏家コンクールなど参加した8つの国際音楽コンクールのすべてで優勝。2006年7月にはドイツ史上最年少記録となる23歳でフランクフルト音楽・舞台芸術大学の教授に就任した。

2004年にオランダのPentaTone(ペンタ・トーン)レーベルから「ロシア・ヴァイオリン協奏曲集」をリリースしてCDデビュー。2008年11月にはユニバーサル・ミュージック傘下のDecca(デッカ)レーベルへの移籍が発表されたが、以後もDeccaのみならずPentaToneからもCDのリリースは続いている。

また、ヴァイオリニストだけではなく、ピアニストとしても活動しており、2008年1月にはフランクフルトのアルテオーパーにて、一晩の演奏会でサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番とグリーグのピアノ協奏曲のソリストを務めるという離れ業を披露した。

ヴァレリー・ゲルギエフ、クリストフ・エッシェンバッハ、ロリン・マゼールといった名だたる巨匠たちに認められ、かねてから大器の呼び声高い彼女の演奏に注目が集まっている。

ユリアフィッシャーが好きな方はこんなチケットもおすすめ