ジョシュ・スミスは、アメリカ合衆国フロリダ州出身のブルースギタリストだ。父親の影響で幼少期からB.B.キングやアルバート・キング、T-ボーン・ウォーカー等のブルースミュージックに慣れ親しみ、3歳からギターを弾き始める。12歳の頃にはブルース・セッションに参加し頭角を現わす。高校卒業と同時に音楽活動を本格的に開始。Josh Smith&the Frostでツアーを行い、サンタナやスティービー・レイボーンのプロデューサーとして知られるジム・ゲインズのプロデュースでCDをリリースする。2002年にはロサンゼルスに活動拠点を移し、セッション・プレイヤーとして数々のアーティストのサポートをしてきた。愛用のストラトキャスターを素晴らしいテクニックで自在に弾きまくり、ブルージーな泣きのトーンがハートに染み入るジョシュ・スミスのギタープレイは注目だ。

ジョシュ・スミスの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ジョシュ・スミスについて

ジョシュ・スミスの魅力とは

次世代ブルースギタリストとして注目を集めるジョシュ・スミス。
3歳からブルースを弾き始め、豊富なセッション経験を持つジョシュ・スミスは、次世代を担うブルースギタリストとしてそのテクニックと表現力を評価されている。
B.B.キング、アルバート・キングなど黒人ブルースマンの音楽を聞き親しんできた彼は、12歳の時に南フロリダで行われたプロフェッショナルなブルース・セッションに参加し注目される。

14歳にしてジミー・テッカリー、ティンズリー・エリス、マット・マーフィーなど地元では有名なブルースマンたちと共演を行ってきた。
2002年に音楽活動の拠点をロサンゼルスに移し、セッションプレイヤーとしてのキャリアをスタートし、サザンソウルの若手シンガーとして注目されているRicky Fanteのバッキングを始め、数々のアーティストのサポートギタリストとして活躍する。

2011年のグラミー賞では、ミック・ジャガーと共演を果たしている。凄腕ブルースギタリストとして知られるマイケル・ランドウやジョー・ボナマッサのツアーなどに抜擢されるなど、ロサンゼルスを中心に幅広いアーティストたちと交流している。

2016年7月にいよいよジョシュ・スミスが初来日公演を行う。ディープなブルースフィーリングとキレのあるギターフレーズは次世代のブルースギタリストとして注目されている。彼のプレイは絶対に聞き逃せない!

ジョシュ・スミスが好きな方はこんなチケットもおすすめ