ホセ・カレーラス(JOSE CARRERAS) は、スペイン出身のテノール歌手である。彼はルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴとともに「三大テノール」として世界的に知られている。彼は小さな頃から音楽的才能を開花し、8歳という若さでスペイン国立放送に出演し「La donna è mobile」を歌いあげた。10代はスペインの名門音楽院「リセウ音楽院」で学び、1970年には「ノルマ」のフラヴィオ役でデビューを果たした。カレーラスは28歳になるまで実に24曲のオペラで主役テノールを歌っており、彼の声は最も美しいテノールとして評価されている。ヴェルディやプッチーニの名唱など数々の伝説を世に残し、常に世界から称賛を浴びてきた彼の公演は必見だ。

ホセカレーラスの日程

30人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ホセカレーラスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

ホセ・カレーラスについて

ホセ・カレーラスの魅力とは

バルセロナ生まれのテノール歌手ホセ・カレーラスは、ヴェルディやプッチーニなどのオペラの名演で広く知られている。彼が初めてテノール役としてデビューしたのは、1970年「ノルマ」のフラヴィオ役であった。彼が歌ったのは少しのフレーズだったが、主役ノルマを務めたソプラノ歌手モンセラート・カバリェに大きく注目される。こうしてカレーラスは「ルクレツィア・ボルジア」に招かれ、その公演はカレーラスの大きな成功の契機となった。

カレーラスは1970年代に、急速にキャリアを伸ばしていった。1971年にはロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールで行われた「マリア・ストゥアルダ」で国際的にデビューを果たす。1971年後半には、イタリアのパルマで権威のある「Voci Verdiane Competition」にて1位に輝き、翌年には「蝶々夫人」ピンカートン役でアメリカ合衆国「New York City Opera」での上演を行った。1973年にはNHKの招聘されたイタリア・オペラ公演メンバーとして初来日を果たしている。また1976年にもNHK招聘公演「アドリアーナ・ルクヴルール」にてマウリツィオを歌い、日本でも高い評価を得ている。その後もパヴァロッティ、ドミンゴと並ぶ世界的オペラ歌手として活躍してきた、彼の公演は見逃せない。

ホセカレーラスが好きな方はこんなチケットもおすすめ