ヨナス・カウフマンは1969年7月10日、ミュンヘン生まれのテノール歌手だ。彼は世界から圧倒的に高い評価を得ており、その実力から「21世紀のキング・オブ・テノール」「フリッツ・ヴンダーリヒ以来最も重要なドイツのテノール」と称されている。近年は英国ロイヤル・オペラ、ベルリン国立歌劇場、バイエルン州立歌劇場、メトロポリタン歌劇場など世界各国の名だたる歌劇場で公演を行っている。2016年にはそんな世界的テノール歌手ヨナス・カウフマンの来日公演が決定している。今回はプッチーニ「トゥーランドットより『誰も寝てはならぬ』」やヴェルディの「アイーダ」などを歌う予定であり、待望のフルオーケストラでのオペラアリアは鳥肌モノであること間違いなし。

ヨナス・カウフマンの日程

31人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ヨナス・カウフマンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヨナス・カウフマンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

ヨナス・カウフマンについて

ヨナス・カウフマンの魅力とは

ミュンヘン生まれのヨナス・カウフマンは、現在オペラ界でトップを行く人気テノール歌手である。彼はミュンヘン音楽大学で音楽教育を受け、1994年にザールブリュッケン州立劇場でプロデビューを果たした。その後国際的な劇場に招かれるようになった彼は、1999年には「ブゾーニのファウスト博士」でザルツブルク音楽祭に初出演を果たす。2008年にはシカゴ・リリック・オペラでマスネ「マノン」デ・グリュー役を初めて歌い、さらにウィーンでも再演を果たしその圧倒的な歌唱力で観客の心を掴んだ。

その実力は「21世紀のキング・オブ・テノール」「フリッツ・ヴンダーリヒ以来最も重要なドイツのテノール」と言わしめるほど。コンサートではベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者・芸術監督を務めるサイモン・ラトルや、ニコラウス・アーノンクール指揮のベルリン・フィルなど、数々の有名な指揮者や楽団と共演している。さらに彼はフランス芸術文化勲章や米国のオペラ・ニュース賞を受賞しており、さらには「オペルンヴェルト」「ディアパゾン」「ミュージカル・アメリカ」などの音楽誌の「シンガー・オブ・ザ・イヤー」に何度も選ばれるなど、ここからも世界が認める実力の持ち主であることが分かるだろう。

ヨナス・カウフマンが好きな方はこんなチケットもおすすめ