ジョジョの奇妙な冒険は「ジョジョ」の略称で知られる、荒木飛呂彦による漫画作品だ。非常に独特な世界観でありながらもシリーズの単行本は100巻を越え、さらに累計発行部数は9000万部を超える。本作の特徴的な「擬音」と「ジョジョ立ち」と呼ばれるポーズなどは日本でブームとなり、大きなセンセーショナルを巻き起こした。2011年からは第8部となる「ジョジョの奇妙な冒険 Part8 ジョジョリオン」が連載されている。またアニメ版では第3部となる「ダイヤモンドは砕けない」が放送中だ。そして声の出演を務めるのは、小野友樹小野大輔梶 裕貴櫻井孝宏森川智之ら豪華声優陣だ。これからも「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズは、その壮大な世界観で人々を魅了するに違いない。

ジョジョの奇妙な冒険の日程

602人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ジョジョの奇妙な冒険の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ジョジョの奇妙な冒険のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/24 06:00更新)

ジョジョの奇妙な冒険について

ジョジョの奇妙な冒険の魅力とは

「ジョジョの奇妙な冒険」は、日本中を席巻した漫画と言っても過言ではないだろう。1986年に連載が始まって以来、シリーズの単行本は100巻を超えている。本作は人間としての誇りをもつジョースター一族と、邪悪な吸血鬼の因縁を巡る冒険ファンタジーだ。その内容は、仲間たちとの絆や強敵との死闘などの王道を抑えながらも、個性的な表現方法やホラーサスペンスの要素で、不気味さが醸し出されている。

第1部「ファントムブラッド」では19世紀のイギリスを舞台として、主人公ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーの抗争が描かれた。第1部から一転して、第2部の舞台となるのは1938年のアメリカだ。そして第3部では1987年頃の日本、第4部は2001年のイタリアというように、作品ごとに舞台は異なる。このようにシリーズは部ごとに分かれており、それぞれが異なる主人で展開していく「完結型」となっている。

2012年に初めてアニメ化され、それ以降も続編が放送されている。本作の特徴は、独特な擬音語や奇天烈なポージングだろう。またコマ割や作画にも、作者の個性が表れている。また漫画やアニメに共通して見られる、枠にとらわれない奇抜なカラーリングにも注目してほしい。これからも独特の魅力を持つ「ジョジョの奇妙な冒険」は、多くのファンに愛され続けることだろう。

ジョジョの奇妙な冒険が好きな方はこんなチケットもおすすめ