ジャニーズが出演する演劇・舞台・ミュージカルは、ジャニーズたちの新たな面を見ることができる最高のチャンス。初演で6万6000人の動員を記録した「DREAM BOYS」も、そのミュージカルの1つだと言えるだろう。ドリボの愛称で親しまれるこの公演は、豪華なキャストとジャニー喜多川自ら構成・演出を手がけていることで有名だ。同じくジャニー喜多川が手がける「少年たち」も、代表的な人気ミュージカルの1つである。その他にも恒例となった「ジャニーズ銀座」や「ABC座」なども、毎年感動のエンターテインメントでファンを魅了し続けている。そして彼らの鍛えられた演技力と歌唱力が評価され、多くのジャニーズたちが様々な舞台の役者に抜擢されている。今後もジャニーズ出演の作品は、続々と発表されていくだろう。

な〜の

  • 西畑大吾は関西ジャニーズJr.のメンバーとして知られるアイドルだ。2011年に山下智久の初となるアジアツアー「TOMOHISA YAMASHITA ASIA TOUR 2011 SUPER GOOD SUPER BAD」…

ま〜も

  • マリウスは、山田洋次監督が脚本・演出を手がける松竹主催の音楽劇だ。フランスでは国民的人情喜劇として高い人気を誇るマルセル・パニョルの戯曲「マルセイユ3部作」を原作とし、3部作の中からフランスで何度も映画化・舞台化されてい…

ジャニーズ(舞台)について

ジャニーズの舞台の魅力について

常に期待した以上のエンターテインメントを届けてくれるのが、ジャニーズが出演する演劇・舞台・ミュージカルだ。歌にダンスにアクロバット、そして俳優としても実力のある彼らは、幅広い舞台で活躍している。特にジャニー喜多川が企画から総合演出までを務める舞台作品は、毎年圧倒的な支持を集めている。 これらのエンターテインメントショーは、先輩ジャニーズから代々受け継がれているものが多い。例えばミュージカル「少年たち」では1965年に初演されて以来、若手メンバーの登竜門として注目を集める作品として親しまれてきた。そして2004年にスタートした「DREAM BOY」は演技面での評価はもちろん、そのアクロバティックな演出も毎年高く評価されている。また「ジャニーズ銀座」では、今後の活躍が期待されている若手ジャニーズJr.のパフォーマンスを楽しむことができるとあって、毎年人気の公演となっている。そしてジャニー喜多川のギネス世界記録認定を記念して作られた「ジャニーズフューチャーワールド」では国内外から注目が集まり、出演者や衣装数どれを取っても最大級の公演に仕上がった。 これらの公演は、ジャニーズの魅力を最大限に感じられる舞台であると言えるだろう。また、彼らはその演技力やパフォーマンス力を生かし、ジャニーズ公演以外の舞台やミュージカルでも活躍している。これらの舞台は、普段テレビやコンサートで見る時とはまた違う、彼らの新たな一面を見れる絶好の機会だ。

ジャニーズ通信のTwitterをフォローして、新着のジャニーズ情報をチェックしよう!

ジャニーズチケットのTwitterをフォローして、新着のジャニーズチケット情報をチェックしよう!