【永遠のリアコ枠】HiHi Jet髙橋優斗くんのプロフィール・魅力を徹底解剖!「#はいはいユウピ付き合って」とは…!?【ディヤハハハハは波,】

HiHi Jetのメンバーとして、ファンにたくさんの元気・癒し・幸せを届けてくれる髙橋優斗くん。小学生の頃から野球一筋だった彼は、高校1年生の時にジャニーズとしての道を歩みだしました。HiHi Jetのメンバーでは一番Jr.歴が短いものの、ユニット最年長として時に頼もしく、時にお茶目な一面を見せ、その「親しみやすさ」や「おおらかさ」でたくさんの人から愛されています。今回は、HiHi Jet髙橋優斗くんのプロフィールやエピソードをご紹介しながら、彼にしかない魅力・輝きを紐解いていきます!

HiHi Jet髙橋優斗くんのプロフィール・魅力を徹底解剖!


(画像:フリー画像AC)

HiHi Jetの一員として、私たちファンにたくさんの元気・癒し・幸せを届けてくれる髙橋優斗くん

小学2年生から野球一筋だった少年は、高校1年生の時にジャニーズへ入所、アイドルとしての道を歩みだすこととなりました。

HiHi Jetのメンバーでは一番Jr.歴が短いものの、ユニット最年長として時に頼もしく、時にお茶目な一面を見せ、その「親しみやすさ」や「おおらかさ」でたくさんの人に愛されています。

今回は、HiHi Jet髙橋優斗くんのプロフィールやエピソードをご紹介しながら、その魅力に迫っていきます!

こちらの記事もチェック!

HiHi Jet髙橋優斗くんの基本プロフィール


(画像:フリーイラストAC)

まずは、HiHi Jet髙橋優斗くんの基本プロフィールをご紹介していきます!

髙橋優斗(たかはしゆうと)

  • 誕生日:1999年11月15日
  • 出身地:神奈川県
  • 血液型:A型
  • 入所日:2015年5月6日
  • 身長:174cm
  • 尊敬する先輩・憧れの先輩:二宮和也

入所のきっかけ

小学1年生の時に嵐を好きになったという優斗くん。

冒頭でご紹介したように、ずっと「野球一筋」で駆け抜けてきましたが、もともと芸能界にも興味があったと言います。中学3年生で野球部を引退した際、「新たなことに挑戦したい!」という想いが湧き上がってきたのだそう。

そんな優斗くんの想いを聞いた母親が、本人の知らないうちに履歴書を送ってくれていたそうで、2015年5月6日に、彼はジャニーズとしての道を歩みだすこととなります。

オーディションで渾身のものまね披露

オーディションで、イチロー選手のものまねをしたエピソードを持つ優斗くん。ダンス試験のほかに「特技がある人はやってみて」と言われ、絶対的に自信のあったイチロー選手のものまねを披露したのだそう。

ずっと「野球少年」だった優斗くんは、周囲にダンスのできる子が多い状況に「焦った」と語っていたことがあります。イチロー選手ものまねがオーディション合格の決め手となったかどうかは本人も分からないそうですが、「野球しかない」と語っていた優斗くんにとっては、そうした特技披露の機会は絶好のチャンスだったと言うこともできるかもしれません。

ものまねのクオリティ云々ではなく、そうしたものを披露しようとするハートの強さや発想が、優斗くんの個性・魅力としてオーディション会場で花を咲かせたのかもしれませんね。

HiHi Jet髙橋優斗×キャッチャーというポジション


(画像:フリー画像AC)

キャッチャーでなければ今の自分はいなかった?

ジャニーズ事務所へ入所後すぐ、ジャニー喜多川社長と話す機会があったと言う優斗くん。野球が得意だと伝えると、「意外とみんなできちゃうからな~」という返答だったと言います。

しかし、キャッチャーをやっていたことを伝えると「面白いね」と言ってもらえたそうで、キャッチャーというポジションでなければ、今の自分はいなかったかもしれないと語っているんですよね。

中学生の頃に「髙橋はキャッチャーが向いてる」と言われたことで、キャッチャーにコンバートされた優斗くん。チームは県大会ベスト4入りを果たしたこともあるのだそう。

キャッチャー=ゴツい人が多いなかで、「自分だけ細かった」と語る優斗くんですが、誰にも負けない強い気持ちを持って頑張っていたと言います。

キャッチャーというポジションが教えてくれたこと

先ほど、「キャッチャーというポジションでなければ、今の自分はいなかった」という優斗くんの言葉をご紹介しましたが、これは単にジャニーさんに面白いと思ってもらえたからという理由だけではないはず。

キャッチャーというポジションで培ったものが、今の優斗くん自身の人間性や活躍にもつながっているような印象があります。

優斗くん本人も語っていますが、キャッチャーは全体を見なければいけないポジションなんですよね。状況を見ながらチームメイトに指示を出したり、チームを盛り上げるために鼓舞しなければいけないこともあります。

試合の状況を見極めたり、監督の考えを理解したり…そうした全体に気を配る姿勢は、きっとジャニーズとして、HiHi Jetの一員として活動する中でも生かされている部分が多いはずです。

2017年に行われた「ジャニーズ野球大会」では、東京B少年の那須雄登くんとバッテリーを組んだ優斗くん。序盤、なかなかコントロールが定まらず苦戦していた那須くんに「どんな球でも受け止めるから」と声をかけてあげたのだそう。試合に負けた後も「気にすんなよ」と声をかけてくれたそうで、「いつもおちゃらけているのに、あの日は本当にカッコよかった」と那須くんは語っています。

野球大会の様子を見たり聞いたりするだけでも、優斗くんの野球に対する情熱はもちろんですが、その奥にある素敵な人柄や姿勢を感じ取ることができるのではないでしょうか。

HiHi Jet髙橋優斗くんの魅力とは?


(画像:フリー画像AC)

髙橋優斗くんには、まだまだご紹介しきれないたくさんの魅力があります。ここからはいくつかの項目に分けてご紹介していきます。

悔し涙を流す熱い男

ジャニーズ通信では、以前HiHi Jet猪狩蒼弥くんの怪我エピソードをご紹介したことがあります。

雑誌の対談のなかで、猪狩くんの怪我による不在が悔しくて、優斗くんが涙を流していたことをメンバーにバラされる場面がありました。

HiHi Jetが現体制になった際は、体力的にも精神的にもキツかったと語っていた優斗くん。メンバーとしっかり向き合えていない自覚があったそうですが、猪狩くんの怪我をきっかけに「悔しい」・「どうしたらいい?」という気持ちを重ね合わせることができたと言います。

HiHi Jetのことをメンバーが深く考えて、話し合いを重ねて、その大切さに気付いて…HiHi Jetというグループ、メンバーとしっかり向き合えるようになったからこそ、溢れてきた涙なのかもしれません。

ストライプ・ボーダー大好き

2017年は、Mr.KINGの髙橋海人くんとともに「ダウンタウンDX」へ出演したことも話題になった優斗くん。このなかで、HiHi Jetのメンバーから「私服のセンスがダサすぎる」と写真付きで暴露される場面がありました。

とにかくストライプ・ボーダーが大好きすぎて、この日ももちろんストライプ&ボーダーの衣装で出演。最近では衣装さんが気を遣い、そうした服を用意してくれることも多いのだとか。

本人は「ダサい」と言われることが不本意と語りつつ、海人くんからは「『一周回ったカッコよさ』ではなく『1周半回ってやっぱりダサい』」と紹介されていましたね。

ただ、優斗くんらしさを形作る大切なもの、優斗くんの愛され要素と言っても過言ではないくらい「髙橋優斗=ストライプ・ボーダー」の結びつきは浸透してきているような気もします。そういった服を着なくなってしまうときっと「物足りない!」と感じてしまうはず。2周も3周も回って、もっともっと独自色を追求してほしいと感じているファンの方も多いのではないでしょうか。

ボーダーを卒業したという優斗くんが、ストライプ・ボーダーの入り混じる服に進化した時に「そういうところもかわいい(笑)」と井上瑞稀くんが語っていたように、何だかんだで「ゆうぴは可愛い」という結論に達します。

みんなのリアコ枠

優斗くんの魅力を語る上では、ファンの間で有名な「#はいはいユウピ付き合って」というタグも欠かすわけにはいきません。

このタグで検索するだけでも、なぜリアコ枠と呼ばれるのか、なぜこのタグが存在するのか、その理由がきっと分かるはず。

話し方や発言、行動やしぐさ・雰囲気など「リアコ枠」と呼ばれる要素、考え方は様々あると思いますが、優斗くんのことを知れば知るほど深い深い沼にハマり、「永遠のリアコ枠」と思わずにはいられない瞬間が訪れるんですよね。

友人には「しゃべらなければカッコいい」と言われてしまうこともあるそうですが、しゃべっていても、「らじらー!サタデー」のように声だけでも、優斗くんらしいカッコよさは十二分に感じ取ることができるはずです。

そして、ファンの間でよく目にするのが「庶民的」という言葉。金銭感覚なども含めて、どこか庶民的な雰囲気、クラスに絶対いそうな雰囲気を醸し出している点も優斗くんの魅力の一つ。

ジャニーズJr.全体を見ると、高校生での入所は少数派と言えるかもしれませんが、だからこそ優斗くんにしかない強みや魅力があるのではないでしょうか。

スーパーヒーロー髙橋優斗くんから目が離せない!


(画像:フリー画像AC)

「ザ少年俱楽部(少クラ)」はもちろんのこと、「Rの法則」や「らじらー!サタデー」でも活躍を見せる髙橋優斗くん。いろんなお仕事を任せてもらう中で、きっと色んな苦悩を抱え、苦労を重ねてきたはずです。ただ、野球で培った気持ちの強さ、自身が長所と語る「努力を惜しまない姿勢」を武器に、様々な壁を乗り越えてきたんですよね。

また、家族とのほっこりエピソードが語られることも多く、HiHi JetのメンバーやJr.たちからも「愛されているんだなぁ~」と感じるエピソードがたくさんあります。HiHi Jetや東京B少年のメンバーからは「大型犬」・「中型犬」・「番犬」・「おおらかなカバ」などなど…犬、ときどきカバに例えられつつ、「可愛い」という言葉を添えてもらうことも多いんですよね。

そんな彼の夢はみんなのスーパーヒーローになること。これからも「ディヤハハハハは波,」と大きな声で笑い、ファンにたくさんの元気・パワーを届けてくれるはずです。

かつてはピッチャーの球を受け止めていた優斗くん。アイドルになった今、ファンの想いを受け止めて、「ありがとう」の気持ちを全力で返球しています。

HiHi Jetに関するこちらの記事もチェック!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。