V6アルバム「The ONES」オリコンデイリー1位♡初日に前作超え!全曲レビュー付で魅力がわかる♡

V6のNEWアルバム「The ONES」が8/8付のオリコンデイリーで見事1位を獲得しました♡初日に前作の倍の売上となりました!そこで全曲レビュー付でV6NEWアルバム「The ONES」の魅力を説明します!無茶したな、V6!無茶したな、スタッフ!

祝♡V6アルバム「The ONES」オリコンデイリー1位♡しかも…!


(画像:フリー画像AC)

8月9日に発売となったV6のNEWアルバム「The ONES」。
2017年08月08日付のオリコン、デイリーCDアルバムランキングにて見事1位となりました♡
その推定売上枚数は7万7143枚となり、前回のオリジナルアルバム「Oh! My! Goodness!」(2013年2月発売)の週間売上枚数5万405枚を超える結果となりました!!

さらに、その前の「READY?」さらにその前の「Voyger」の週間売上も超え、過去10年間のV6オリジナルアルバムの中ではぶっちぎりの1位となりそうです。

Vクラさん歓喜♡さらに貢献の勢い!さらにあの人も!(笑)


学校へ行こうでおなじみのあの人も購入!!⇒コチラ

V6アルバム「The ONES」概要

収録曲

1. never
2.刹那的 Night【岡田准一プロデュース】
3.SOUZO
4.Beautiful World
5.Cloudy sky
6.DOMINO
7.Round & Round【長野博プロデュース】
8.Remember your love【三宅健プロデュース】
9.会って話を【song by 20th Century】※通常版のみ収録
10.Answer【坂本昌行プロデュース】
11.Can‘t Get Enough
12.Get Naked【song by Coming Century】※通常版のみ収録
13.ボク・空・キミ※森田剛プロデュース
14.COLORS
15.レッツゴー6匹【井ノ原快彦プロデュース】
16.The One

特典まとめ

  • 【初回生産限定盤A】
    全14曲のMusicVideo・「太陽と月のこどもたち」の別Ver.MV
  • 【初回生産限定盤B】
    「テレビ朝日ドリームフェスティバル」のLIVE全編・カミセンVSトニセン沖縄縦断VR対決
  • 【シリアル特典】
    全14曲のMusicVideoのメイキング映像
memo
毎回V6の特典映像は豪華なのですが、今回は過去一といえるほど、特典映像が充実していて制作費が若干心配になるほど豪華です。【初回生産限定盤A】の特典が62分、【初回生産限定盤B】の特典がドリフェス43分、沖縄対決が55分、【シリアル特典】が36分となっていて、特典映像だけで196分(3時間16分)となっています。これは無茶したと言われても当然ですね!!

■リリース記念として全国6ヶ所でフィッティング衣装を展示中!

レビューでわかる!V6アルバム「The ONES」の魅力♡

「never」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


イントロから時計の音や「チクタク」といったコーラスなどがとてもカッコイイ曲。振り付けにもところどころ時計を意識した振り付けがあるのがポイント!
失恋ソングですが、振り返らないと決めても、まだ忘れられず前に進めないもどかしさ、切なさを綴っています。

MVでは健くんがフードを被っていたり被っていなかったりするところに注目!(笑)
以前シングル「翼になれ」で剛くんが帽子を被っていたり被っていなかったりと繋がりをガン無視している事が話題となりましたが、今回は健くんがやっちゃってます♡

「刹那的 Night」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


アーティスティックな曲&MVとなっています。
♪刹那的♪とキャッチーなリズムが耳に残ります。歌詞も「刹那night」と「切ない」をかけていたりして面白い歌詞となっています。

MVではメンバーの顔が割れたり、岡田くんの口の中が宇宙空間の様な場所に繋がっていたりします。
剛くんの舌出しに注目です!衣装も西陣織でライトの加減で色味が色々変わるという品。

「SOUZO」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


♪次々止まない仕草がいちいちキタこれー♪など歌詞が面白くてとっても可愛い1曲。
MVでは渡辺直美さんがV6メンバーを誘惑する女性役で出演しています。
クラブのような場所で、大きなミラーボールの周りをスタンドマイクで歌っていたり、(この時の恋弾コンビに注目♡)カミセンがソファに座り、トニセンが後ろに立っていて、いのっちが岡田くんにいたずらしたり、V6の可愛さ爆発してます。
中には渡辺直美さんの存在が強すぎて、メンバーを見たいのにどうしても渡辺直美さんにしか目が行かないという声も。(笑)
最後は安定の健くんが見られます♡

「Beautiful World」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


秦基博さんが提供した楽曲で46枚目のシングルとなっています。爽やかで優しい6人の歌声に癒やされます。
MVではトランプをしてわちゃわちゃしてる6人がとても可愛くてキュンとしてしまいます。

「Cloudy sky」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


V6らしいメッセージソング。
沖縄で撮影された曲で、曲やMVの雰囲気が2007年に発売された「Voyager」(アルバム・曲同じ)に似ていると感じる人が多いようです。
爽快感がある曲調と、MVでは「Voyager」でもだれもいない道を6人が横一列で歩きながら歌うシーンがあったのでそこから連想してしまうのかもしれませんね。

「DOMINO」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


約1分30秒とう言う短い曲。しかしながら楽曲が放つ存在感は圧倒的。
MVも6人の出演はなくドミノで作られた6人のシルエットがかろうじて見られるくらいですが、つい見聴きいってしまう曲です。

「Round & Round」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


「君は誰?誰が君?」など存在意義を問う曲。MVでは近未来的なCGでバーチャルなのかリアルなのかを表しています。
MVの終盤、一人ひとりのカジャンプカットからの終わりがカッコイイ!

「Remember your love」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


男の忘れない恋愛を歌った切なく儚い曲。最初の健くんの甘く切ない歌声から、サビのファルセットのハーモニーにキュンキュンします。
MVでは、ネオン管を握るメンバーの切ない表情に注目です!!
忘れられない記憶の象徴といえるネオン管の箱から出られない6人なのですが、最後にネオン管が割れるところで終わるのがまたオシャレです。

「会って話を」曲レビュー


(画像:フリー画像AC)


どこか懐かしさを感じる曲調が心地いい1曲。トニセンの優しい歌声にふわふわとしてきます。

「Answer」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


最初の坂本くんのソロからめちゃくちゃカッコイイ曲です。
MVではダンスを封印。モノクロの中にV6のそれぞれのメンバーカラーが差し込んできてかなりオシャレ。
とにかくメンバーの表情から目が離せません。大サビの一人ひとり思い切り叫んでいる姿は必見です!

「Can‘t Get Enough」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


47枚目のシングルです。ついにこんなカッコイイ曲をシングルに持ってきたのか!と当時は話題に。
ファルセットがメインの同楽曲はとにかくセクシー!大人の魅力、フェロモンが溢れ出てる曲です。

「Get Naked」曲レビュー


(画像:フリー画像AC)


バーやグラブで流れていても違和感のない洋楽テイストの楽曲でオシャレ&Coolです。
大人なカミセンに驚いた人も多いのではないでしょうか。カミセンのファルセットフェイクが見事洋楽テイストにマッチ。
トニセンバージョンで聴いてみたい気もします。

「ボク・空・キミ」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


ふんわりとしたバラード。優しく包まれるような曲は就寝前におすすめ。
MVでは森田剛くんのイメージビデオと言っても過言ではない位、剛くんの良さが詰まっています。
キラキラした瞳につい惹き込まれ、水の幻想的な雰囲気に癒やされます。

「COLORS」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


48枚目のシングル曲。「それぞれのカラー(個性)でいい。ありのままで自分でいいんだ」と諭してくれるメッセージソング。
メンタル的に弱っている時に聴くと確実に泣きます。
MVではV6の聖地・代々木第一体育館で撮影されました。現在修繕工事中のため旧代々木第一体育館となる最後の映像となり、V6もファンも胸熱となっています。

「レッツゴー6匹」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


6人が終始ユニゾンで歌っている曲。歌詞やMVに沢山のV6の歴史が散りばめられていて、とても楽しい楽曲です。
歌詞では「キセキのはじまり」「ありがとうのうた」「メジルシの記憶」「愛のメロディ」「IN THE WIND(風の中)」「翼になれ」「自由であるために」「orange」「涙のアト」「太陽のあたる場所」「野生の花」「WAになっておどろう」が違和感なく入っていて凄い!の一言につきます。

MVはとてもかわいくて、顔だけ写真で身体や背景はイラストで描かれているアニメーションテイストのMV。
MVでは「MUSIC FOR THE PEOPLE」「TAKE ME HIGHER」「UTAO-UTAO」「Way of Life」「ROCK YOUR SOUL」など文字にしてあるもの、「Feel your breeze」「COSMIC RESCUE」「グッデイ」「HONEY BEAT」のようにジャケットなどをオマージュしたもの、「蝶」「唇(セクバニ)」などのイラストで現れているもの。「MADE IN JAPAN」の様に一瞬で隠れミッキー的存在のものなど何回見ても発見のあるMVとなっています。

「The One」曲・MVレビュー


(画像:フリー画像AC)


この楽曲は♪共に歩んでいこうbe togather We are the one♪ ♪離れていても 会えなくても 僕らはひとつさ♪
V6のそれぞれのメンバーに、V6からV6ファンに向けている内容となっています。
MVでは、アルバムと集大成となるようなそれぞれのMVのハイライト、エンディングロールのようなテイストで作られています。

「The ONES」まとめレビュー


(画像:フリー画像AC)

無茶したな、V6!無茶したな、スタッフ!

いよいよ明日から始まるV6の全国ツアー「The ONES」。
NEWアルバムはどの曲も素晴らしく、さらに販売形態の特典が超豪華で素晴らしすぎると話題になっています。
CMでは「無茶したな、V6」がキャッチコピーとなっていますが、ファンの間では「無茶したな、スタッフ」という声もあがっています。
とにかく、色気あり、わちゃわちゃあり、アーティスティックあり、アイドルありの「The one」が一つにまとまった「The ONES」。
一度聴いてみて絶対に損はしないはずです!!

V6のおすすめの記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。