挑戦的な舞台で大活躍!V6森田剛くんの2014年はどんな年だった?

V6のみなさん、昨年は紅白歌合戦初出場おめでとうございました♡V6ファンとしては、一年の締めくくりにV6の姿を拝むことができて、幸せでしたよね♡グループはもちろん単独でも活躍中の剛くん。そんな剛くんの2014年の活躍をご紹介していきます。

V6のみなさん、昨年は紅白歌合戦初出場おめでとうございました♡V6ファンの我々としては、一年の締めくくりにV6の姿を拝むことができて、幸せでしたよね♡

グループはもちろん単独でも活躍中の剛くん。舞台を中心に活動しており、演技の分野での評価もとっても高いですよね♡そんな剛くんの2014年の活躍をご紹介していきます。

森田剛に見えない⁈ 舞台「夜中に犬に起こった奇妙な事件」

4月に世田谷パブリックシアターで上演された舞台「夜中に犬に起こった奇妙な事件」。42ヵ国で翻訳出版、全世界で1,000万部を超える同名のベストセラー小説を舞台化した作品です。その中で剛くんは、アスペルガー症候群の15歳の主人公・山口幸人を演じました。

舞台を見た人によると、舞台の上には「森田剛ではなく山口幸人しかいなかった」とのこと…。つまり、声、歩き方、座り方、目線など全ての動作が、もはや剛くんじゃないと思えるほど、剛くんは15歳の少年になりきっていたのです。それってすごいことですよね♡

舞台は映画やドラマとはまた違い、エネルギーがじかに伝わってくる良さがあります。もちろん映画やドラマへの出演も嬉しいですが、これからも舞台で剛くんの輝く姿を見たいですね♡

森田剛、初めての一人二役♡舞台「ブエノスアイレス午前零時」

11月〜12月にかけてパルコ劇場で上演された「ブエノスアイレス午前零時」は、1998年に芥川賞を受賞した藤沢周さん原作の舞台化。

演出は映画『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』などの監督・行定勲さん。その中で剛くんは、主人公の青年カザマとニコライの二役を演じました。

そう!今回の作品で剛くんは初めて一人二役にチャレンジしました♡しかも今作では、なんと情熱的なタンゴを披露!!演出の行定勲さんも、剛くんのタンゴ楽しみにされていたそうです。

ダンスもきれっきれの剛くんが踊るタンゴに、うっとりしちゃうこと間違いなしですね♡剛くんの一人二役をぜひ観てみたいです♡

V6でシングル2曲リリース♡「涙のアトが消える頃」&「Sky’s The LIMIT」

舞台を中心に活躍している剛くんですが、もちろんV6としての活動も忘れてはおりませんよっ!

いのっちが出演するドラマ「警視庁捜査一課9係 season9」の主題歌「涙のアトが消える頃」♡メンバーの歌唱力が発揮されたしっとりとしたミディアムバラードです。6人の大人な魅力が溢れていますよね♡

またカップリング曲の「BEAT OF LIFE」はV6で出演するバラエティ「アメージパング!」のテーマソングになっています。英語の歌詞も盛り沢山で、アップテンポな曲調はちょっと陽気な少しSexyな雰囲気もあって、盛り上げSONGになりそうです♡

健ちゃんが出演するドラマ「ほっとけない魔女たち」の主題歌「Sky’s The Limit」♡明るくとっても爽やかな曲調は聴いていて元気になれますよね。

V6に関するオススメ記事はこち

森田剛くんの2015年の活躍も今から楽しみっ♡

いかがでしたか。剛くんの演技はどんどん進化してるようです!チケットキャンプでは剛くんのチケットを取扱中です。ぜひの剛くんの生の魅力にきゅんきゅんして下さい♡

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。