V6の解散説は風物詩!?定期的に噂される3つの理由とジンクスについてVファンが解説

1月10日の某スポーツ新聞にてV6に解散の危機との記事が報道されました。実はV6の解散説はこれまでも度々話題になり、ファンの間ではもはやネタになりつつもあります。そこで、なぜV6が解散と言われるのかを冷静に考察してみました。また、ファンの間で解散説がでるとVファンにとって嬉しい出来事があるというジンクスも!?

V6の解散説が定期的に噂されるのはなぜ?


(画像:フリー画像AC)

こんにちは。ジャニーズ通信ライターのhanaです。
2017年でデビュー22年を迎えるV6。某スポーツ新聞にて、V6の解散の危機だと報道されました。
しかし、V6の解散説は今に始まったことではなく、定期的に解散の噂が囁かれます。ジャニーズのグループの中でもこんなにも不確かで毎回ガゼネタな解散が囁かれるグループは他にいないかもしれません。(笑)
今回はV6に解散説が定期的に浮上する理由について、Vファンである筆者の考えをまとめてみました。

また、実はV6の解散危機ニュースは、Vファンには嬉しいことがあるジンクスにもなっていることを知っていますか?
そちらについても記事中に紹介していきます。

V6の解散危機の記事に対してファンは受け流し派が多数

にこ健での意味深発言?!

一方、ジャニーズwebでの健くんのブログが意味深だと心配している声もあります。

V6が解散危機と言われる理由…に物申す


(画像:フリー画像AC)

理由その1.メンバー内の格差をこじつける

毎回報道される度に、言われるのがメンバー内の格差です。
実際、トニセンとカミセンは芸歴が全然違いますし、デビュー当時はトニセンの方が先輩だけどカミセンがメインというような格差は多少はあったかもしれません。
しかし最近では全員が40代、30代後半になり年齢差格差も反対になくなってきたように思います。

個人の仕事の格差という意味合いに対しても、芸能界という場所は民放などのメディアに出てる人がどうしても目立ってしまいますので、メディアに出ていない人はファンじゃない人にとっては情報が入りづらく、仕事していないとか、人気がないと思われがちです。

そのため、TVなどで見る機会の多い岡田くんやいのっち(井ノ原)などは一般人にもわかりやすく評価されやすく、他のメンバーは何をしているの?と思われがちです。
しかし、坂本くんはミュージカル界でとても有名な俳優さんですし、剛くんも舞台俳優として多くの人から認められています。長野くんもグルメ番組やグルメ記事の執筆などでその道を確立しているし、健くんもバラエティや舞台もこなしているし、昨年は長年勉強してきた手話がリオ・パラリンピックで絶賛されていました。

個人個人がそれぞれ違う場所でちゃんと活躍して自分のやるべきことをやっていますので、格差がどうのこうのというのは理由にならない気がします。

理由その2.岡田くんがキーマン

なぜか解散のキーマンとなるのは大抵の確率で岡田くん。
自身の恋愛だったり、俳優として専念するためだったりと、いくつか理由はあげられます。

確かに、岡田くんは20歳でジャニーズを辞めようと思っていたと衝撃発言をしたり、俳優に専念したい!などといった本人も認めている岡田反抗期がありましたが、それはもう10年~15年ほど前の話。
俳優に専念したいからV6を脱退するなどという理由で解散記事を書いている人がいるのなら、岡田くんのエッセイ本「オカダのはなし」、V6のアニバサーリー楽曲「~此処から~」の岡田くん作詞の部分、2015年のコンサートのパンフレットを読むことをおすすめします。
反抗期に周りが見えていなかった自分に対して、優しい言葉をかけたメンバーのこと、大切なことに気づかせてくれたメンバーへの感謝の気持ち、V6への想いなどが綴られています。

理由その3.ありがちな不仲説

どんなアイドルグループでも一度は噂される不仲説。
V6の場合、すでに峠は超えております。
メンバーの年齢差があるグループなので、結成後の数年間はメンバーの不仲や喧嘩などがあったことはメンバー本人が話していることなので事実なのでしょう。
しかし不仲だった事実を語れるのは、語れるような仲になったからでしょう。今では感謝をしていて、尊敬している人だと公言しています。

V6には家族設定が存在します。坂本くんがお父さん、長野くんがお母さん、いたずら好きの長男とやんちゃな次男、天真爛漫の三男に甘え上手な末っ子。

坂本くんはV6のことを「実家。自宅ではない。なかなか帰らないんだけど、たまに帰るとホットする場所。」と名言しています。
岡田くんもV6のメンバーを「家族より長い時間一緒に過ごしている人たち。」「家族みたいなもの。」と発言していて、特に坂本くんに対しては「お父さんみたい。お父さんってこんな感じなんだろうな。」と話しています。
家族じゃない!仕事仲間でしょって言っている剛くんでさえ、普段は個人で頑張って、外で吸収してきたことを6人の現場でファンのみんなに伝えられたら良いと言っています。
V6はすでに「帰ってくる居場所」「安心できる現場」であり、欠かせないものだとメンバーも公言しているのが何よりの証拠ですよね。

2015年の20周年でもメンバーそれぞれがV6をファンを大切に思ってくれている場面は、コンサートだったっり、ベストアルバムの特典映像の合宿でだったり、メンバーがそれぞれ作詞していのっちがまとめ上げた楽曲「~此処から~」にたくさんあります。

V6は本当にいろんな個性の集まりで誰も似ていない。見事にバラバラ。だから、知らない人からすると、まとまりがない人達って思われるけどけど、そんな6人が集まるとすごい化学反応を起こして最高の瞬間が生まれるんです。
その瞬間をメンバーもファンも知ってるから「V6」をいつまでも愛せるのではないでしょうか。

他にもV6にはメンバーやV6に対する愛が感じられる言葉がこちら⇒(【永久保存版】V6の名言・迷言・珍回答おもしろMCまとめ)でたくさん紹介されています!

実は解散報道がでるとVクラさんに嬉しいジンクスがある!


そうなんです。V6に解散報道がでると、その直後やその年に新曲の発表やツアーの発表があったりするのです。
今回も発売の決まっていない新曲「足跡」「ハナヒラケ」の2曲があるので、発売日発表では?という声も上がっています。
また本人たちも、何年か前の解散報道には寝耳に水で余計メンバーとの絆がギュッとなった、と語っていたので今回もその可能性ありです。

そろそろツアーの発表があるかも!?


(画像:フリー画像AC)
ジンクス通りなら、今年はV6のツアーがあるかもしれません。
2017年ファンクラブ会員に届いたV6からの年賀状には、健くんが「みんなにたくさん会える年にします!たぶん・・・いや、必ず!」と書いていて、イノッチは「今年は最高な年になるぜ!」と書いていることから、今年はツアーの発表があるのでは?と筆者も期待しています。
ジャニーズ通信ではツアーや新曲の発表なども速報でお伝えしているので、今後のツアーや新曲の情報も楽しみにしていてくださいね。

V6の記事はこちらもおすすめ♪


【文:hana】

結成年がファン暦のV6強火担。TOKIO・kinki kids・V6の期間限定ユニット「J-FRIENDS」や、「ジャニーズ黄金期」が得意分野。基本的に愛のある毒を吐くのが好き。

みんなのコメント
  1. 萩安らぶ より:

    今、TOKIOカケル見てます…
    あ〜爆笑 おもしろすぎる
    みんな、仲良すぎるよ~
    それなのに何で 解散話なんか
    出るのかが、わからない

  2. v6最高 より:

    許さんで、解散なんてさせない。v6は、解散しない方がいい、嵐は解散するv6はしない。わかっているの?誰がなんと言おうとしませんて、言ってよ。解散しませんて言ってよ。お願いよ。私たちファンたちを答えてあげてよ。嵐は解散させます。俺らは、解散しませんて、言ってよ。v6なら言えるでしょう?お願いや、

  3. v6最高 より:

    絶対に解散させない。報道など、観たくない。私は、嫌。私はなんのためにファンに入ったと思っているの?私は、成績関係で、緊急あなたのファンに入ったのよ。解散説なんて、いらない。

  4. 永遠にv6さんは解散しません より:

    頼むから。解散しないで、あなたたちは、永遠に頑張っていけるメンバーです。そんな頑張れる人をなぜ解散させるんですか。ひどいじゃありませんか。あなたたちはv6のファンではない。v6らを、傷つけて、満足ですか。人を傷つけて楽しんでいますか。解散報道など、流れません、永遠にv6さんは、解散しません。新曲だすのは、いいことです。だからと言って解散なんて、存在しません私は、v6さんを信じているわ。

  5. 匿名 より:

    嵐も解散しませんから。
    何その、自分がV6ファンだからって、嵐はどうでもいいみたいな考え?
    そんなの嵐、嵐と仲の良いV6にも失礼。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。