「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」公開直前イベントレポ

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬに出演している長瀬智也さん。先日はTOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ公開直前イベントが開催されました。短い時間でしたが、宮藤監督・長瀬智也さん・神木隆之介さん・桐谷健太さん・清野菜名さんの5名が登場し、内容の濃いイベントとなりました。その模様をお届けします。

皆さん、毎日寒暖の差が激しいですが体調を崩されてはいませんか?6月はたくさんの映画が公開されますね!先日の6月20日長瀬智也さん主演映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」公開直前イベントに参加してきました!今回はその様子を少しレポートしたいと思います。

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」あらすじ

主人公・関大助(神木隆之介)は、同級生のひろ美ちゃん(森川葵)に想いを寄せる普通の高校生。修学旅行中に想いを伝えようという願いを胸に秘めていたが、修学旅行中に不慮の事故に遭遇する。大助が目を覚ますと、そこは地獄。そんな大助の前に現れたのは赤鬼のキラーK(長瀬智也)で、えんま様の裁きによって現世に転生するチャンスがある事を大助に告げる。大助は転生を望み、キラーKの地獄の特訓がはじまった…。監督・脚本は宮藤官九郎さん。長瀬さんとは「池袋ウエストゲートパーク」や「タイガー&ドラゴン」「真夜中の弥次さん喜多さん」など多くの作品でタッグを組んでいます。

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」公開直前イベントは地獄と見間違えるステージ

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」公開直前イベントの会場に入るとBGMに「地獄図」が流れていて、気分が高まってきました。当初は2月6日公開の予定でしたが、1月に起きたバス事故を考慮し、今回まで延期となった今作。今か今かと会場入りした人たちの熱気が伝わってきました。イベント開始時間の18時30分。司会の声で緞帳があがります。するとそこにはステージ中心に鎮座する迫力満点のえんま様と、「獄卒」と背中に書かれた人たちが4名、地獄流の(?)お出迎えをしてくれました。

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」監督・出演者の登場

その後、司会の案内で登壇したのが、宮藤監督・長瀬智也さん・神木隆之介さん・桐谷健太さん・清野菜名さんの5名。いつもオールバックの印象がある長瀬さんは、分け目が真ん中のワンレングス姿で、とても新鮮。黒のTシャツに黒のパンツ。青系統のスニーカーで、ほんとスタイルがよく、後ろにいた女の子2人組が「足長っ…スタイル良くてかっこいい…」と口に漏らしていたほど。まずは5人の挨拶からはじまり、長瀬さんは「これまでも、これからも観られないロックコメディー!!」と大絶賛。映画をこれから試写する私たちに大きな期待を持たせてくれました。

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」の特殊メイク

本作では特殊な鬼のメイクがインパクト大ですが、撮影中に一番笑ったことはなんですか?という質問に対して、地獄に落ちた大助のメイクがグレーを基調としていたため、顔色が悪く見え、桐谷さんと「お前、顔色悪いぞ」といじっていたそう。「君たちにいわれたくない!!」と神木さんいじりが一番笑ったことと回答していました。

長瀬智也さんが行くのは、天国or地獄?

ステージに鎮座するえんま様に告白をしてお裁きを受けるという企画も盛り込まれていました。長瀬さんは先日のハワイロケで行列のできるパンケーキ屋さんに立ち寄った時のエピソードを告白することに。生クリームがたっぷりのパンケーキを3分の1ほどしか食べられず、会計時にお店の人に「うちのパンケーキを残すやつははじめてだ!体調が悪いのか!?」と心配されたようです。さて、そんな長瀬さんの告白への判定は…もちろん地獄行き。「ほらやっぱり!!」と登壇者で笑い合っていました。

スチール撮影も終了し、30分程の短い時間でしたが、とても内容の濃い舞台挨拶でした。今週の22日にはサントラ「TOO YOUNG TO DIE! 地獄の歌地獄」が発売されます。映画を観る前の予習として1枚購入されてはいかがでしょうか?映画は笑いあり涙ありの作品です。ぜひ劇場に足を運んでみてください!!(文・和光)

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

TOKIOの他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。