個性が光る話題のユニット!「天才Genius」の魅力とは?

ジャニーズJr.の菅田琳寧くん、村木亮太くん、本髙克樹くんの3人によるユニット「天才Genius」について、くわしくご紹介します。

4月、5月にシアタークリエで開催された「ジャニーズ銀座 2016」。ジャニー喜多川社長(以下、ジャニーさん)が「若手の登竜門」と位置づけていて、今年も多くのJr.たちが魅力的なパフォーマンスでステージをつくりあげました。今回は、初のクリエメイン公演を髙橋颯くん、羽生田挙武くん、中村嶺亜くんとともに盛り上げた話題のユニット「天才Genius」について、くわしくご紹介していきたいと思います!

「天才Genius」ってどんなユニット?

昨年12月から今年の1月にかけておこなわれた「JOHNNYS’ World」(以下、ジャニワ)のなかで、結成が発表された天才Genius。ジャニーズJr.の菅田琳寧(すげたりんね)くん、村木亮太(むらきりょうた)くん、本髙克樹(もとだかかつき)くんの3人によるユニットです。

ジャニワを観劇したV6の井ノ原快彦くんも「意味が重複している!」とツッコミを入れてしまうほどインパクトのあるユニット名ですよね。名付け親であるジャニーさんが、「Geniusだけだとわからないから天才をつけたらしい」とA.B.C-Zの戸塚祥太くんが語っています。

天才Genius の3人は、入所当時から一緒に活動することが多く、ザ少年倶楽部で3人をふくむJr.たちが「さくらガール」を披露したことから、「さくらライン」といったくくり・呼び名で一部ファンに親しまれていた時期もあります。琳寧くん・村木くん・本髙くんいずれも、2011年10月2日から2013年9月29日までBSスカパー放送されていた「ジャニーズJr.ランド」(以下、ジュニラン)で魅力を大きく開花させた印象がありますね。ジュニランがなければ彼らの魅力や意外な一面にいち早く気づくことはできなかったかもしれません。それだけ、踊っている姿だけでは見えてこない魅力がたくさんあります。

ここからはユニット名でもある「天才」な一面にスポットを当てながら、それぞれの魅力についてご紹介していきます。

アクロバットの天才Genius!自分らしさを追求する菅田琳寧くん

まずは菅田琳寧くん。彼は「アクロバットの天才」として、様々なステージで見ごたえのあるパフォーマンスを披露しています。昨年の夏に開催された「ガムシャラ!サマーステーション」では、チーム武のメンバーに選ばれたことも話題となりましたよね。この大抜擢が、琳寧くんを大きく飛躍させるきっかけとなったことはまちがいありません。この夏の経験がなければ、天才Geniusとしての活躍はなかったかもしれないなと、今になって感じる部分もあります。

彼の魅力はなんといっても「芯の強さ」ではないでしょうか。彼には琳寧ワールドのようなものがあって、まわりに影響されたり何かに染まったりせず、とことん自分らしさを追求しているような印象があります。自分の魅せ方が上手なのも、彼の魅力といえるかもしれません。今も昔もカメラへのアピールの仕方がうまいなぁと感じる瞬間がとにかくたくさんあります。

自身を「りんね」と呼ぶかわいらしい一面を持ちつつ、男らしく大人っぽい姿を見せてくれることもあり、そのギャップに心奪われるファンの人も多いのではないでしょうか。

凡人の天才Genius?みんなから愛される村木亮太くん

村木亮太くんは、ジャニー社長いわく「凡人の天才」なのだそう。ちょっと何とも言えない表現なので、彼は「努力の天才」であると補足を加えたいと思います。村木くんのがんばりを追いかけてきたなかで、明らかに「ダンスが変わったな」と思う瞬間がありました。昔のダンスと今のダンスを比較すると、彼の成長を強く感じる部分がたくさんあるんですよね。

自身のことを「めんどくさがり」と語っていますが、見えないところでたくさん努力しているんだろうなと思うことが多いです。あまり表には出さない性格かもしれませんが、内にはメラメラ燃えるアツい想いを持っていることがわかります。実際に現場で彼のパフォーマンスを見たファンからも「気合いを感じる」といった声が聞こえてくるように、一つひとつのステージを大切にして、コツコツと努力を重ねてきたからこそ、今の活躍があるのかもしれません。

そして、なんといっても「イジられキャラ」として、ジャニーさんや振付師、デビュー組の先輩からJr.まで幅広い人に愛されているのが彼の武器でもあります。本人も「イジられることが仕事」と語っているんですよね。みんなを自然に笑顔にさせてしまう魅力にあふれているのも、村木くんの魅力でしょう。

真の天才Genius!向上心に溢れる本髙克樹くん

本髙克樹くんは、ファンもまわりのJr.も認める「真の天才」ではないでしょうか。医者になりたいという夢を持っていた本髙くんは、中学3年生の時に受験勉強に専念するため、およそ7ヶ月半、Jr.の活動を休んでいました。Jr.として活動していた時も、週6で塾に通い、1日8時間の勉強をしていたそうです。ロケの移動中もバスの中で勉強したり、ほかのJr.に勉強を教えたりといったエピソードがあるんですよね。

ジャニーズJr.は、退所しても正式にアナウンスされることがないため、彼が受験休業のあいだは不安を抱えていたファンもきっと多いですよね。みごと志望校に合格し、Jr.としての活動を再開させた本髙くん。正直なところ、7ヶ月半の遅れを取り戻すことは容易ではないと思っていました。しかし、復帰後最初のザ少年倶楽部のステージで、受験休みに入る前と変わらない、あるいはそれ以上の完璧なダンスを披露し、しかも今まで見たことがない曲を踊っている姿を見たときに、「彼はただものではない」と思った記憶があります。バック転もいつのまにかステージ上で披露するようになっていましたよね。彼の向上心は本当にとどまることを知りません。

「サマステ ジャニーズキングダム」での天才Geniusの活躍にも期待!

天才Geniusは、それぞれの個性が光った絶妙なバランスで成り立っているグループのように思います。ずっと活動をともにしてきた3人は同学年。プライベートでも仲が良く、お互いに気を遣わなくても平気なくらい「家族みたいな関係性」だと語っています。きっと3人には、彼らでなければ生みだすことのできないたくさんの可能性が秘められているのでしょう。

7月からはじまる「サマステ ジャニーズキングダム」へも、Mr.KINGの平野紫耀、Prince(岩橋玄樹・神宮寺勇太・岸優太)【松倉海斗・松田元太】とともにメインキャストとして出演することが決まっています。天才Geniusファンは、この夏はサマステでの彼らの活躍に期待しましょう!

(文・はると)

天才Geniusも出演!サマステを要チェック

7月20日(水)からスタート!天才Geniusも出演する、サマステのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

はるとさんのおすすめコラムはこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。