タッキー&翼のVenus まっすぐ伝わる一途な想い

タッキー&翼は、ジャニーズ事務所の滝沢秀明と今井翼による、アイドルデュオです。それぞれ、ソロの活動も行っていますが、二人で奏でる歌はまた一味違った魅力を持っています。今回は「Venus」の魅力を、徹底解剖いたします!

タッキー&翼は、ジャニーズ事務所の滝沢秀明と今井翼による、アイドルデュオです。

それぞれ、ソロの活動も行っていますが、二人で奏でる歌はまた一味違った魅力を持っています。「夢物語」や「Ho!サマー」など、アップテンポの曲が多い二人です。

今回は「Venus」の魅力を、徹底解剖いたします!

アジアで愛されるタッキー&翼☆「Venus」の魅力とは!?

「Venus」は、2006年に発売された、タッキー&翼の6枚目のシングルです。

滝翼(タキツバ)は、マイクスタンドを活かしたダンスを取り入れている曲が多く、ついつい見入ってしまいます。今回のダンスも、簡単な手の動きがほとんどなので、子供から大人まで、真似して踊った方も多いのではないでしょうか?

CD特典のDVDに、振付の解説も付いていますので、マスターしている方もいらっしゃるでしょう。収録曲には、韓国語・中国語・タイ語バージョンがあり、アジア全体で人気があるユニットだからこその内容になっています。

Venus(DVD付)をAmazonでチェック!

Venus(DVD付)をAmazonでチェック!

情熱的な歌詞とタッキー&翼の歌声で、「Venus」は輝く☆

「Venus」の歌詞は、砂漠のように熱い愛を表現しています。

タッキー&翼のハーモニーが、歌詞とピッタリ合っており、より情熱的で一途な想いが伝わってきます。

ヴィーナスは「美の女神」です。

愛する人をそのように呼ぶなんて、情熱的ですね!

思わずリズムを刻んでしまうこの曲は、リリースから数年たった現在でも多くの人に愛されています。滝翼のファンでない人も、聞いたことがあるのではないでしょうか?

▶︎タキツバのVenusの動画はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。