SMAPのエピソードで冬の寒さで凍てついたカラダもポッカポカ!

もはやスーパーアイドルとなったSMAPですから、スマヲタの皆さんはそこかしこに彼らが生活を送っていハズ。そんな中でも今回は、冬にまつわるSMAPのエピソードをご紹介したいと思います♪

♪ジングルベール、ジングルベール、鈴がー鳴るー…。♪もーいーくつ寝ーるーと、おー正ー月ー…。

スマヲタのみなさん、いかがお過ごしでしょうか。今年ももうそろそろ終わり。寒さもだいぶ厳しくなってきて、朝ふとんから出るのがとてもツライですね。冬は堪えます…。

しかし!!その寒さの中でもひときわ温かい存在となっているのが、我らがSMAP!もはやスーパーアイドルとなったSMAPですから、スマヲタの皆さんはそこかしこに彼らが生活を送っていハズ。そんな中でも今回は、冬にまつわるSMAPのエピソードをご紹介したいと思います♪

SMAPの冬の名曲といえば…?

SMAPには、冬にまつわる曲がたくさんありますよね。

特に「夜空ノムコウ」(1998年発売)は、スマヲタ以外の方々にも多く聴かれている名曲です。しかも、SMAPのCDの中でも売上枚数歴代2位!169万枚以上を売り上げています。そして現在行なわれているツアー「Mr.S -SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR-」でも歌われています。発売から16年経った今も色褪せない、超ロングヒット作ですね。

そんな「夜空ノムコウ」、作詞者のスガシカオさんはナント約20分でこの曲を作ったとか。締切ギリギリに、「あわわわわわーー!」と書いてFAXで提出したそう(笑)。それを聞いたキムタクも

とコメントしていました。それでも、名曲には変わりナシ!今年の冬は久々に「夜空ノムコウ」を聞いてみてはいかがでしょうか??

もはや伝説!?SMAPの元旦コンサート♪

今では2年に1回、夏〜秋にかけてコンサートを行なっていますが、デビューした1991年〜1995年までの5年間は元旦からお正月コンサートをしていたSMAP。

今年は久々に年をまたいでのツアーですね。現在は映像をちょくちょく挟みつつ、少しまったりムードで行なわれるSMAPのコンサートですが、1994年の「NEW YEAR CONCERT 1994」では耳を疑うような記録を打ち立てていました。

それは、“1日6回公演開催”という記録!!今の若いジャニーズグループが1日3公演などを行なっているのを見て、「若いってスゴいなー…(遠い目)」と思っていたのに、SMAPが若い頃はもっとすごかったんです!当時は、1回めのコンサートが9時半スタート。1時間半のコンサートを2時間おきに行なっていました。

し・か・も!MCは本当に少しで、披露した曲数は31曲!ずっと歌って、激しいダンスをして、アンコールもしっかりこなして…。あぁ、素晴らしい!もちろん、今は今のSMAPの良さがありますが、古株ファンの方々は冬になるとこの頃のSMAP魂を思い出すのではないでしょうか♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。