【全部知ってる?】SixTONESのオリジナル曲を一挙にズドンとご紹介します♡

SixTONES(ストーンズ)のオリジナル曲は個性豊かなかっこいい曲からバラードまで超充実♡2015年に初のオリジナル曲として提供された「この星のHIKARI」から最新曲までのラインナップを各曲の情報と共にご紹介します!ドロストって何?黒ーんずって誰?ビークレの振り付けは?など気になるポイントも解説中♡これを読んでSixTONESの現場へ行こう!

SixTONESのオリジナル曲は超充実♡


(出典:pixabayより)

6人の個性が年々豊かになり、型にはまらない魅力を持っているSixTONES(ストーンズ)。抜群のパフォーマンス力を持つ彼らには、オリジナル曲がたくさんあります!そんなSixTONESのオリジナル曲を、作詞・作曲担当はもちろん、初披露日も含めてご紹介します♡

セクシーな曲からかっこいい曲、バラード調の曲までいろいろなバリエーションが揃っているのであなたの好きな曲が一曲はあるはず♡

※JASRACにおいてアーティスト名が「SixTONES」となっている楽曲のみを抽出しています。

SixTONES♡2015年のオリジナル曲


(出典:pixabayより)

この星のHIKARI

作詞
川口進

作曲
川口進/Dele Ladimeji

初披露
「少年たち 世界の夢が…戦争を知らない子供達」初日公演
2015年9月4日@日生劇場

ザ少年倶楽部での初披露
2015年9月23日

「この星のHIKARI」情報と感想
・一部ファンの呼び名は「コシヒカリ」
・SixTONES初のオリジナル曲
・声だしOKの現場ではサビをファンが歌うことが多いため参戦前に歌詞を覚えて行くのがおすすめ

BE CRAZY

作詞
ma-saya

作曲
STEVEN LEE

初披露
「少年たち 世界の夢が…戦争を知らない子供達」初日公演
2015年9月4日@日生劇場

ザ少年倶楽部での初披露
2015年10月7日

「BE CRAZY」情報と感想
・通称「ビークレ」激しすぎないセクシーなダンス曲
・6人が肩を組んで踊るダンスが特徴
・間奏で振り付けあり

SixTONES♡2016年のオリジナル曲


(出典:pixabayより)

IN THE STORM

作詞
深川琴美

作曲
STEVEN LEE/ANDERS WIGELIUS/ERIK WIGELIUS

初披露
「少年たち 危機一髪!」初日公演
201年9月4日@日生劇場

ザ少年倶楽部での初披露
2016年10月5日

「IN THE STORM」情報や感想
・通称「インスト」

SixTONES♡2017年のオリジナル曲


(出典:写真ACより)

Amazing!!!!!!

作詞
MORISHIN

作曲
OHRN ANDREAS/LAURIDSEN CHRISTOFFER/GRIBBE SIMON ANDREAS

初披露
「東SixTONES×西関西ジャニーズJr. SHOW合戦」初日公演
2017年2月18日@新橋演舞場

ザ少年倶楽部での初披露
2017年4月14日

「Amazing!!!!!!」情報や感想
・あぐらをかいて歌い始めるスタイル
・メンバーカラーが歌詞に入っている
・SixTONESとファンの持ちネタに使われる。「ヤダ〜!」とメンバーが言い出し両手をグーにして顔の下に持ってきた後「せーの!」と言われたらamazing!!!!!!の歌詞「魅せるからほらこっちへ来いよ」と歌う。

▼SixTONESのメンバーカラーはこちらの記事からどうぞ!

JAPONICA STYLE

作詞
ma-saya

作曲
TAKUYA HARADA

初披露
「少年たち 〜Born TOMORROW〜」初日公演
2017年9月7日@日生劇場

ザ少年倶楽部での初披露
2017年11月10日

「JAPONICA STYLE」情報と感想
・通称「ジャポ」
・衣装は和装と洋装のMixでメンバー1人ずつ扇子を持っている。SixTONESには珍しい和装衣装。
・ねっとりとした腰振りが入っておりかなりセクシーな曲。

Beautiful Life

作詞
MINE

作曲
MINE/ATSUSHI SHIMADA/LADIMEJI DELE

初披露
「少年たち 〜Born TOMORROW〜」初日公演
2017年9月7日@日生劇場

ザ少年倶楽部での初披露
未披露

「Beautiful Life」情報と感想
・ジェシーくんの歌い出しから始まるバラード曲

SixTONESその他楽曲編


(出典:pixabayより)

JASRACの楽曲には入っていませんが、SixTONESの現場でよく披露される曲/披露された曲をご紹介します。

「Drop the beat SixTONES」(通称ドロスト)

正式なタイトルは決まっていないため、仮称となります。
SixTONES6人で作詞作曲振り付け考案。

初披露
2016年「ジャニーズ銀座」SixTONES初回公演
2016年5月27日@シアタークリエ

ザ少年倶楽部初披露
2016年7月13日
「スペシャルダンスナンバー」として披露

「Drop the beat SixTONES」情報と間奏
・サビの振り付けあり。少クラ放送時のサビ振り付けと同じなのでTVで練習可
・「Drop the beat」とは「みんなノッてこうぜ」などの意味がある
・田中樹くんの「せいぜい頑張れNo.2」は客席も声出しOK(自然発生的に誕生)

「黒ーんずの歌」

正式なタイトルは決まっていないため、仮称となります。

初披露
2017年サマステ「君たちが 〜KING’S TREASURE〜」(キントレ)SixTONES単独初回公演
2017年8月1日

ザ少年倶楽部での初披露
未披露

「黒ーんずの歌」情報と間奏
・SixTONESを探す「黒ーんず」の曲で、SixTONESをdisっている(という設定)
・キントレでは音符のかぶり物をして登場
・SixTONES初のメンバー紹介曲
・歌詞に「ズドン」が入っている

個性豊かなSixTONESオリジナル曲の数々♡


(出典:pixabayより)

SixTONESの個性豊かな楽曲たちをご紹介しました!歌唱力・ダンス力・パフォーマンス力すべてを兼ね備えたSixTONESにぴったりのかっこいい楽曲からシンプルなバラード曲まで、バリエーション豊かなのが特徴です。
また、歌詞や振り付けをネタに使っているのもSixTONESの特徴です。与えられたオリジナル曲をただ歌うのではなく、ファンと楽しんで共有してくれるのはSixTONESの優しさが伝わってきますね。

SixTONESの現場に参加する前には、ぜひ過去の少クラなどでオリジナル曲や振り付けをチェックしてから行ってみてください♡何倍も楽しめること間違いなしです!

SixTONESに関する情報はこちらもおすすめ♡

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。