【ジャニーズJr.】SixTONESイエロー担当♡髙地優吾くんのプロフィールや魅力をご紹介します!

ジャニーズJr.のユニットSixTONES(ストーンズ)における最年長♡髙地優吾(こうち・ゆうご)くんのプロフィールや魅力をご紹介します。誕生日や入所日、あだ名は?ゆごジェシ、ゆごほく、B.I.Shadowって?憧れの先輩は?入所のきっかけは?など、SixTONESメンバーとのほのぼのエピソードも交えて髙地優吾くんの人柄や性格を知っちゃおう♡

SixTONES最年長で精神的支柱の髙地優吾くん♡


(出典:pixabayより)
SixTONES(ストーンズ)でひときわ笑顔のピュアさが目立つ髙地優吾くん♡SixTONESの良心とファンの間で話題の髙地くんはグループ最年長でありながら、実は芸歴はグループの誰よりも短いんです。ですが、B.I.ShadowやNYC Boysとしての活躍に、私立バカレア学園への出演、SixTONES入りと華々しいキャリアを積んでいる中身も実績も揃った素敵な人♡
そんな髙地くんのプロフィールや魅力を紹介します!

髙地優吾くんの基本プロフィールを確認しよう


(出典:pixabayより)
名前:髙地優吾(こうち・ゆうご)
あだ名:コーチ、コチー、髙地先生
家族構成:父、母、兄
誕生日:1994年3月8日
入所日:2009年5月24日
身長:176cm
体重:66kg
所属グループ:SixTONES(ストーンズ)
メンバーカラー:黄色
尊敬する先輩:相葉雅紀くん、亀梨和也くん

髙地くんの入所、きっかけは?憧れの先輩は誰?


(出典:pixabayより)
髙地くんは2009年にTV番組「スクール革命」内で行われたオーディションをきっかけにジャニーズ事務所入りしました。視聴者投票などの結果オーディションには合格し、現在ではスクール革命でHey!Say!JUMPの山田涼介くん、八乙女光くん、知念侑李くんとともにレギュラーをつとめています。

憧れの先輩は嵐・相葉雅紀くん

そんな髙地くんは、嵐の相葉くんに憧れています。「笑顔がステキ」と語る髙地くんは、2017年のキントレで「笑顔をモットーにやっている」と言っていましたね。また、出演してみたいCMは?という問いには「洗剤系!」と答えるなど、相葉くんのことをとても意識しているのがよくわかります。

森本慎太郎くんは、髙地くんのことを「あいつの性格を悪く言うやつっていないんだよね」と評価していますが、相葉くんも二宮くんから「年々いい人になっていってる」と言われる性格の良さ。
細身でスタイルの良い外見だけでなく、暖かく優しい性格も2人の共通点なのかもしれません。

時を超えて続く髙地くんとB.I.Shadowの絆


(出典:写真ACより)
髙地くんを語る上で、B.I.Shadowというユニットの存在は欠かせません。

B.I.Shadowって?

髙地くんは2009年5月にジャニーズ事務所入りしたあと、6月にB.I.Shadow(びーあいしゃどう)というユニットに加入し「中山優馬w/B.I.Shadow」としてCDデビューします。
デビュー時のメンバーは菊池風磨くん、中島健人くん、松村北斗くん、髙地優吾くんの4人です。優馬くんとのパフォーマンスにおいてはバック的な意味合いが強かったですが、B.I.Shadowとしてはオリジナル曲「ララリラ」を歌うなど脚光を浴びたユニットでした。
その後、NYC結成やSexy Zoneデビューを経てB.I.Shadowとしての活動はなくなっていきました。

B.I.Shadowについてはこちらの記事でも触れています

中山優馬 w/B.I.Shadow・NYCboys・NYCの歴史を辿る!8年前の今日は何の日?

B.I.Shadowの絆は永遠!

B.I.Shadowとしての活動はなくても、4人の絆はずっと続いています。Sexy ZoneのコンサートセトリにB.I.Shadowの曲が入っていることもありました。また、2017年の風磨くんサマパラ初日公演では、見学に健人くんが登場!バックについていたSixTONESから北斗くんと髙地くんも登場し、4人で並んで「ララリラ」を歌い思わず涙するファンも…。

髙地くんも「まだB.I.Shadowはなくなってない」と発言するなど、髙地くんをはじめ4人の中でB.I.Shadowというのは大きな存在になっています。

「誰だこいつ」から始まる「ゆごほく」シンメ


(出典:pixabayより)
そんな髙地くんがB.I.Shadow時代からずっと一緒にいるのが、松村北斗くん。現在もSixTONESのメンバーとして一緒に活動する2人は、「ゆごほく」シンメとして愛されています。

「あなたにお手紙書きましょう」で明かされる出会い

ゆごほくシンメは、「ザ少年倶楽部」内の人気コーナー「あなたにお手紙書きましょう」でお互いに手紙を書きました。髙地くんは入所から1ヶ月でB.I.Shadowに加入したため、雑誌の撮影やダンスで手間取ることも多かったそうです。一方、北斗くんは2009年2月入所のため髙地くんよりは数ヶ月先輩です。
そんな2人の初対面は、雑誌の撮影。立ち位置を北斗くんが髙地くんに教えてあげたのですが、北斗くんは髙地くんのことを年下の小学生だと確信していたそうです。

髙地くんの性格をつかみきれなかった北斗くんは、「髙地のことを知り尽くして髙地の取説を作ります」と手紙の中で名言していました。いつかその発言が現実のものとなるのでしょうか?楽しみですね♡

ファンもあきれる!?ジェシーくんとのラプラプエピソード♡


(出典:pixabayより)
髙地くんといえば、SixTONESのメインボーカル・ジェシーくんとのラブラブっぷりが有名です。「ゆごジェシ」「ジェシゆご」の愛称で親しまれるコンビのラブラブ♡エピソードをご紹介します!

髙地くんとジェシーくんが仲良くなったきっかけは?

「ゆごジェシ」誕生のきっかけは、ドラマ「私立バカレア高校」での共演です。SixTONESのメンバーが総出演したこのドラマで、2人が演じた役はコンビを組んで行動していたためジェシゆごの距離も急接近!

ジェシーくんの「髙地愛」が強い♡名言をご紹介!

特に、ジェシーくんの「髙地愛」が強いと話題です。いくつかの名言を紹介します。
「かわいいな〜岩橋と思ったら髙地だった」
「髙地のことならなんでも知ってるから」
「お前とは絶対ハナレナイ」
雑誌の撮影では高確率で隣をキープしている2人は、いつか47都道府県をすべて旅してみたいそうです。

その他のエピソードはこちらでも紹介しています!

髙地くんの今後から目が離せない!


(出典:pixabayより)
デビュー直後にTV番組のレギュラーも獲得し、入所から1ヶ月でユニットに加入するなどその才能を評価されてきた髙地くん。SixTONESというユニットにおいて話のオチに使われるなど愛されているのが一目瞭然の髙地くん、今後もいろいろな人とのエピソードが増えていくこと間違いなしですね♡

髙地くんやSixTONESについての記事はこちらから♡

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。