関ジャニ∞安田章大くん 2年半ぶりの主演舞台「俺節」のキャストに迫る!

関ジャニ∞の安田章大くんが、2年半ぶりに舞台の主演を務めることが発表されましたね!その舞台タイトルは「俺節」。出演キャストの豪華さにも期待が高まります!舞台「俺節」のキャストについて、その役どころなどご紹介していきます。

【舞台「俺節」主演の関ジャニ∞安田章大くん、2年半ぶりに舞台のお仕事へ!】

現在、冬のツアー「関ジャニ’sエイターテインメント」で大忙しな関ジャニ∞ですが、エイターさんに大ニュースが飛び込んできましたね。安田章大くん、2年半ぶりに舞台の主演を務めることになりました。

前回の主演舞台「ジュリエット通り」でも座長として大成功を収めた安田章大くんですが、今回はいったいどのような演技を見せてくれるのでしょうか?出演するキャストのみなさんも大変豪華で、かなり期待が高まりますね。

今回は、関ジャニ∞安田章大くんの主演舞台「俺節」のキャストについてみなさんにご紹介していきたいと思います。

【関ジャニ∞安田章大くんの主演舞台「俺節」とは】

今回、関ジャニ∞安田章大くんが主演を務める舞台「俺節」は、1991年から1993年にビッグコミックスピリッツで連載されていた、土田世紀さんによる青春漫画です。この漫画「俺節」は、青森出身の高校生海鹿耕治が単身上京し、演歌歌手になるべく奮闘する青春群像劇なのです。

実際に主人公海鹿耕治のデビュー曲は制作されており、作詞は作者の土田世紀さんが、作曲とプロデュースは、あの演歌の大御所である北島三郎さんが担当したということも当時大変話題となりました。そしてこのデビュー曲はCDリリースもされています。もしかしたら、劇中で安田章大くんがこの曲を歌う場面もあるかもしれませんね。

そして、実在する演歌歌手や曲が登場するのも、この作品の特徴です。舞台ではどのような世界になるのか、大変楽しみですね。魅力的なキャラクターが大勢登場する「俺節」ですが、それを演じるキャストのみなさんにも注目したいですね。

NHK朝の連続テレビドラマ「マッサン」でエリー役を演じたシャーロット・ケイト・フォックスさんに、福士誠治さん、六角精児さん、高田聖子さん、桑原裕子さん、中村まことさん、西岡德馬さんなど、豪華俳優陣が名を連ねており、彼らの織り成す「俺節」の世界観は素晴らしいものになること間違いナシ!ですね。

【関ジャニ∞安田章大くん主演舞台「俺節」のあらすじ】

関ジャニ∞安田章大くんが出演する「俺節」のあらすじを簡単にご説明していきましょう。青森生まれの高校生海鹿耕治(コージ)は、ある日クラスメイト赤崎みどりに思いの丈をぶつけるも、見事玉砕してしまいます。

それをきっかけに、コージは演歌歌手になるべく上京することになるのですが、抜群の歌唱力を持っているのに、なんと彼は気弱であがり症。なかなか思い通りにいかないコージでしたが、相棒であるオキナワこと南風原太郎とともにコンテストへ何度も挑戦します。

ついにデビューの話が持ち上がりますが、その条件はコンビでデビューしたいという彼らの気持ちとは裏腹に「コージ一人で」という厳しいものだったのです。そこから彼らはどう這い上がっていくのか、熱さとともに泥臭さも感じられる作品となっています。

コージの相棒であるオキナワは福士誠治さんが演じ、コージと恋に落ちるストリッパー役はシャーロット・ケイト・フォックスさんが演じます。その他主要キャラクターのキャストについても、次の項で詳しくご紹介していきますね。

【関ジャニ∞安田章大くん主演舞台「俺節」の豪華キャスト陣に注目!】

それでは、舞台「俺節」のキャスト陣について、舞台における役どころなどをご紹介していきましょう。

海鹿 耕治役…安田章大くん

青森から演歌歌手になるために単身上京してきた高校生。演歌への熱い思いを胸に奮闘するが、極度のあがり症と気弱な性格のおかげで、まともに歌えなくなってしまうという、少し不器用な青年を関ジャニ∞の安田章大くんが演じます。

安田章大くんは、関ジャニ∞のギター・作曲担当で、関ジャニ∞のリリースした曲の中でもさまざまな曲を手掛けています。そして、ギターの腕も歌唱力もピカイチで、今回の舞台「俺節」の脚本・演出を手掛ける福原充則さんなどからも大絶賛されているのです。

先日行われた関ジャニ∞のツアー「関ジャニ’sエイターテインメント」のMCでは舞台「俺節」について津軽弁でセリフをしゃべることや、演歌を歌うこと、演歌?と驚くかもしれないけれど、かなり上手いです!と自信に満ちた意気込みを語ってくれていましたので、ファンとしても安心ですし、安田章大くんの新たな扉が開く瞬間に立ち会えるのはとてもうれしく思います。

テレサ役…シャーロット・ケイト・フォックスさん

フィリピンから出稼ぎに来ている不法滞在中のストリッパー。ヤクザに追われている時にコージと運命の出会いを果たします。悪徳ブローカーに騙されてしまったテレサ役を、シャーロット・ケイト・フォックスさんが演じます。

言わずと知れた、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」のヒロイン、エリー役として名を馳せたシャーロット・ケイト・フォックスさんですが、昨年はブロードウェイミュージカル「CHICAGO」で主演を務めるなど、世界をまたにかけて大活躍している女優さんです。

今回の舞台「俺節」では、日本語で舞台に出演するのは初めてなのだそうで、自らが演じるテレサを「孤独のサバイバー」と称し、彼女の人間性や愛を見出したいと意気込みを語っています。

南風原 太郎(はえばる たろう)役…福士誠治さん

沖縄生まれのために、オキナワと呼ばれているギタリスト。コージの演歌に対する気持ちの強さに心を打たれ、相棒としてコンビでプロを目指していたが、コージが一人で演歌界にデビューすることが決まり、自暴自棄になってしまう。そんな辛い立場の南風原太郎役を福士誠治さんが演じます。

福士誠治さんは、NHK土曜時代劇 「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣」で磯貝十郎左衛門役を務めたり、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」など、ドラマ以外にも映画や多くの舞台で活躍する俳優さんです。福士誠治さんは自らも出演する傍ら、舞台の演出も行ったりするなど、多彩な才能が魅力的な俳優さんです。

流しの大野役…六角精児さん

コージとオキナワの住む「みれん横丁」のボス的存在である流しの大野は、演歌界の大御所北野波平の同期である流しの歌手です。そんな貫禄たっぷりな流しの大野を個性派俳優六角精児さんが演じます。

六角精児さんは、テレビドラマ「相棒」シリーズの鑑識・米沢守役としても有名ですが、演技のお仕事だけでなく「六角精児バンド」を結成しており、ボーカルを務めています。劇中では流しの演歌歌手の役なので、六角精児さんの歌声が聴けるかもしれませんね。

寺泊 行代/マリアン役 (一人二役)…高田聖子さん

元アイドルで、コージとのデュエットでレコードをリリースする寺泊行代役と、テレサの働くストリップ劇場のリーダーのマリアンをを高田聖子さんが演じます。高田聖子さんは劇団☆新感線に所属している女優さんで、劇団☆新感線の舞台作品はもちろんのこと、さまざまな舞台で活躍されています。

エドゥアルダ/才原役 (一人二役)…桑原裕子さん

テレサと同じストリップ劇場で働くストリッパーのエドゥアルダと、コージの歌の先生である才原を演じるのは桑原裕子さんです。桑原裕子さんは劇団KAKUTAを主宰している女優さんですが、演出や脚本も手掛けています。

戌亥辰巳/金村役 (一人二役)…中村まことさん

コージにデビューを持ちかけるプロダクションの社長、戌亥辰巳は、演歌界で戦う強い意志をもった男ですが、詐欺まがいのやり方で様々なトラブルをつくってしまう、ちょっと困った存在です。

中村まことさんは戌亥辰巳役の他に、テレサが働くストリップ小屋の主人の金村も演じます。劇団猫のホテルに所属している俳優さんで、チラシのデザインや舞台美術も行っているスゴ腕俳優さんなのです。

北野 波平 役…西岡德馬さん

コージの憧れである演歌界の超大御所北野波平役は、西岡徳馬さんが演じます。西岡徳馬さんは言わずと知れた実力派俳優さんですが、サスペンスドラマなどを中心にさまざまなドラマに出演され、さらにはたくさんの舞台や映画にも出演している、こちらは俳優界の大御所ですね。

関ジャニ∞のオススメ記事はこちら!

【関ジャニ∞安田章大から、舞台「俺節」で俳優安田章大へ変わる時…】

(出典:photoACより)

普段は関ジャニ∞の中でも明るく優しげな印象の安田章大くんですが、演技のお仕事となると人が変わったかのように役に入り込み、素晴らしい演技を見せてくれます。今回の舞台「俺節」には、安田章大くんはもちろんのこと、この世界を彩る多くのキャラクターが出てきますが、それをどうやってキャスト陣が表現するのかとても楽しみですね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。